INLOCK - 貸出プラットフォーム

INLOCKは保有している仮想通貨を担保としてローンを利用し、短期流動性の問題を管理することを可能にする貸付プラットフォームです。 信用取引は、両当事者間で直接確立されます。 INLOCKは、契約条件を記録するための仲介者としてのみ機能します。 これらの条件はスマートコントラクトで確立されており、当事者間のあらゆる信用契約は不変であり、操作が不可能である。 Inlock(ILK)は、融資契約を作成する際に使用されるイーサリアムベースのトークンです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ILK
開始日時
2018-09-15
終了日時
2018-10-12
最低目標
15,000,000 USD
最高目標
27,500,000 USD
初回価格
1 USD = 100 ILK
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of INLOCK?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, BCH, ETH, LTC
供給率75%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Sept 15 – Sept 21 - 17%
  • Sept 22 – Sept 28 - 12%
  • Sept 29 – Oct 5 - 9%
  • Oct 6 – Oct 12 - 2%

概要

私たちの目標は暗号市場の高いリスクを避けながら、仮想通貨の利益から恩恵を受けたい人に、仮想通貨を所有しているが有効に活用できなかった人々をつなぐことです。昨年、我々は両方のキャンプから数多くの要請を受けており、両者にお互いに有益な解決策を提供するプラットフォームを間もなくリリースすることを発表します。

INLOCKは、既存の暗号化通貨を担保として使用して、ローンを取り出すことにより、暗号所有者が短期流動性の問題を管理できる貸出プラットフォームです。担保を即座に法定通貨に交換することができるため、貸し手当事者に関わるリスクは、より高い金利を獲得しながら銀行預金とほぼ同じです。クレジット・トランザクションは両当事者間で直接的に確立され、仲介者としてのサービスは契約のパラメータが正式に記録されることを保証します。これらの条件は、当事者間のすべてのクレジット契約が反駁不可能であり、操作が不可能であることを保証するスマートコントラクトに含まれています。

借り手は、必要に応じて金額や期間について、当社のシステムで独自の条件を設定することができます。 さらに、為替変動のリスク・レベルはカスタマイズ可能です。 このプロセスは迅速かつシームレスであり、借り手は迅速かつ柔軟な転換性を提供する担保を提供するため、追加の信用評価は必要ありません。 私たちのプラットフォームは、機関が手の届かない新しい市場に参入することを可能にします。そうしなければ、追加のコストが貸し手として市場に参入することができませんでした。 融資プロセスには、従来の融資と同様のレベルのAML / KYC準拠が必要です。

チーム すべてを見る

Csaba Csabai
Csaba Csabai
Co-founder, CEO
Peter Gergő
Peter Gergő
Co-founder, CMO
Benedict Bánáthy
Benedict Bánáthy
CSO
György Cseh
György Cseh
COO
Peter Tamas Turcsan
Peter Tamas Turcsan
Strategist
Krisztian Dobo
Krisztian Dobo
UX & Frontend expert

人気STO/ICO記事

  • Coincheck(コインチェック)レバレッジ取引サービス終了へ

    マネックスグループの子会社である仮想通貨取引所「コインチェック」が本日の13時に公式ホームページをを通じ、2020年3月13日(金)12:00を持って、レバレッジ取引のサービスを終了すると発表した。レバレッジ取引でポジションを持っているユーザーは期日までにレバレッジアカウントにおける日本円残高を取引アカウントへお振替えしておく必要がある。取引終了日:2020年3月13日(金)12:00取引アカウントへの残高振替期限:2020年3月末現在、レバレッジ取引の新規注文を停止しております。レバレッジ取引の取引履歴については、引き続き閲覧可能です。予定は予告なく変更となる場合がございます。取引終了日(予
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ