Homelend - モーゲージクラウドファンディングプラットフォーム

Homelendは次世代の住宅購入者が不動産金融を可能にする分散型プラットフォームです。 Homelendは借り手、貸し手、および住宅ローンバリューチェーンに関与する他の当事者間の直接の相互作用のためのインターフェースを作成します。 これにより、分散型元帳技術(DLT)とスマートコントラクトによって提供されるセキュリティ、透明性、および自動化を備えたピアツーピアモデルを使用したモーゲージクラウドファンディングが可能になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HMD
開始日時
2018-03-15
終了日時
2018-07-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1,600 HMD
トークン供給数
160,000,000
公式サイトへ Owner of Homelend?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率64%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

マニュアル、長時間から効率的へ

Homelendは定義済みのビジネスロジックをスマートコントラクトに組み込み、ドキュメントを電子化し、不必要なプロセスを排除することで、エンドツーエンドのオリジネーションプロセスを自動的に実行し、50日から20日未満に短縮します。   

あいまいから透明&ユーザーフレンドリーへ

Homelendは、スマートだけでなく、シンプルで公正な融資プロセスを作り出すことを目指しています。借り手は簡単に融資を申請し、いつでもアプリケーションのステータスを追跡し、住宅ローン貸し手と直接対話できるようになります。   

高価な仲介から費用対効果の高い&仲介者なしへ

DLTによって提供される不変性、安全性、透明性により、仲介者として働く銀行のないローンなどの取引を記録することが可能になります。これにより、借り手と貸し手の間の距離を最小限に抑えながら、両方の借り手と貸し手のコストが削減されます。   

脆弱性と信頼性ないから信頼性と安全性へ

伝統的な住宅ローン業界の特徴である不安定さと脆弱性の背後にある主要な要因は、集中化と紙ベースのプロセスです。 DLTとスマートコントラクトの独自の特徴により、Homelendは、人々が大量のお金を信頼できる透明で安全な方法で取引するためのプラットフォームを提供することができます。

チーム すべてを見る

Raghuram Bala
Raghuram Bala
Analytical Technology Executive
Yoram Uzan
Yoram Uzan
Entrepreneur
Danny Coddy
Danny Coddy
Appraisal
Ido Samuelson
Ido Samuelson
Blockchain Expert Advisor
Marc Kenigsberg
Marc Kenigsberg
Tokenomics and Data Management Advisor
Adina Haham
Adina Haham
Business Growth Advisor

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し