Hedera Hashgraph - みんなのためのパブリックネットワーク

Hederaは、分散型のパブリックネットワークであり、デジタルワールドをまさにあるべき姿、つまりあなたのものにします。 スタートアップであれ企業であれ、クリエーターであれ消費者であれ、Hederaは開発者にとってブロックチェーンを超えて、高速で公平かつ安全なアプリケーションの次世代を創り出します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HBAR
開始日時
2018-08-14
終了日時
2018-08-16
最高目標
120,000,000 USD
初回価格
1 HBAR = 0.12 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Hedera Hashgraph?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Hederaネットワークは、複数の産業や地域にまたがる主要なグローバル企業の評議会によって管理されます。 そのビジョンは、過度の影響力を持つ一元化された当事者を必要とせずに、信頼され安全なサイバースペースです。 そのライセンスおよびガバナンスモデルは、分岐のリスクを排除し、コードベースの整合性を保護し、基盤となるソフトウェアコードをレビューするためのオープンアクセスを提供することにより、ユーザーを保護します。 プラットフォームのガバナンスは、Hedera Governing Councilを通じて分散化されます。Hedera Governing Councilは、プラットフォームに関連する主要な決定に対してそれぞれが同等の投票権を有する期間限定の交代制のメンバーを持ちます。

チーム

Dr. Leemon Baird
Dr. Leemon Baird
CO-FOUNDER AND CHIEF SCIENTIST
Mance Harmon
Mance Harmon
CO-FOUNDER AND CEO
Natalie Grunfeld Furman
Natalie Grunfeld Furman
GENERAL COUNSEL
Christian Hasker
Christian Hasker
CHIEF MARKETING OFFICER

人気STO/ICO記事

  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場