Calibra - 接続されている世界のために接続されているウォレット

Calibraを使えば、世界中のどこにいても誰にでもお金を送ることができます。 Calibraは、新しい世界通貨であるLibra用に設計されています。Libraの価値は安定しているので、Calibraにあなたのお金を貯蓄したり、コーヒーや食料品を買ったり、または公共交通機関を使うなどの日常の支払いに使うことができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
Libra
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Calibra?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Calibraは、お金をすべての人に役立てるという使命をもって、2019年に設立されました。 私たちは、世界中のすべての人々が、等しく、簡単で、教育を受けた金融サービスへのアクセスを持つべきだと考えています。 CalibraはLibra、新しい暗号通貨のために設計されました。 Calibraアプリは、人々が日常生活の中でお金をより自由に、安全にそして手頃な価格で動かすための革新的なブロックチェーン技術に基づいています。 世界中に利用可能になります。

iOSとAndroidで利用可能だけでなく、CalibraはCalibraウォレットをWhatsAppやMessengerなどのFacebookプラットフォームに統合します。 これは、Facebookの27億人のユーザーが、すでに使用しているアプリを介してCalibraの機能にアクセスできるようになることを意味します。 Calibraスタンドアロンアプリと一緒にこの統合サービスを提供することで、より多くの人々が金融サービスにアクセスしやすくなります。

Calibra社はFacebookの子会社です。CalibraはFacebookとは独立して運営しています。 Calibraはメンロパークに本社を置いています。

Libraについて

世界は、「お金のインターネット」の約束を達成できる信頼性の高いデジタル通貨とインフラストラクチャーを本当に必要としています。

モバイルデバイスで金融資産を守ることは簡単で直感的であるべきです。世界中どこにでもお金を移動することは、どこに住んでいるか、何をしているか、またはいくら稼いでいるかにかかわらず、テキストメッセージを送信したり写真を共有したりするのと同じくらい簡単で費用効果が高いはずです。新製品の革新とエコシステムへのさらなる参入は、すべての人にとってアクセスへの障壁と資本コストの削減を可能にし、より多くの人々への無摩擦支払いを促進します。

今こそ、ブロックチェーン技術を基盤とした新しい種類のデジタル通貨を生み出す時です。Libraの使命は、何十億もの人々に力を与えるシンプルな世界通貨と金融基盤です。Libraは、より包括的な金融システムを構築するために3つの部分から構成されています。

  1. 安全でスケーラブル、そして信頼性の高いブロックチェーン上に構築されます。

  2. 本質的価値を与えるように設計された資産の準備金によって裏付けられます。

  3. エコシステムを進化させることを任された独立したLibra協会によって管理されます。

Libra通貨は「Libra Blockchain」に基づいて構築されています。世界中のユーザーに対応することを目的としているため、Libra Blockchainを実装するソフトウェアはオープンソースで、誰でも利用できるように設計され、人々の経済的ニーズを満たすことができます。人々と企業が日常の使用のためにLibraを保有して送るのを助けるために開発者と組織が構築する、相互運用可能なオープンな金融サービスのエコシステムを想像してみてください。 スマートフォンと無線データの普及に伴い、ますます多くの人々がオンラインでこれらの新しいサービスを通してLibraにアクセスできるようになるでしょう。 Libraエコシステムが長期にわたってこのビジョンを達成できるために、ブロックチェーンは、スケーラビリティ、セキュリティ、ストレージとスループットの効率、および将来の適応性を優先するようにゼロから構築されています。

通貨の単位は「Libra」と呼ばれます。Libraは多くの場所で受け入れられ、それを使用したい人のために簡単にアクセスできる必要があります。 言い換えれば、人々はLibraを使用することができ、その価値は時間の経過とともに比較的安定したままであるという確信を持っている必要があります。 大多数の暗号通貨とは異なり、Libraは完全に実物資産の準備金によって支えられています。 Libraのために、作成されたLibraごとに、一連の銀行預金と短期国債がLibra Reserveに保有され、本質的価値に対する信頼を築きます。 Libra Reserveは長期にわたってLibraの価値を維持する目的で管理されます。

Libraが真にオープンであり、常にユーザーの最善の利益のために運営されることを確実にするために、私たちの野心はLibraネットワークが無許可になることです。今日の時点で、無許可のネットワークを介して世界中の何十億もの人々や取引をサポートするために必要な規模、安定性、およびセキュリティを提供できる実証済みのソリューションがあるとは考えていません。協会の方向の1つは、コミュニティと協力してこの移行を調査し実行することです。これは、Libraブロックチェーンとエコシステムの公開から5年以内に開始されます。

Libraの精神に欠かせない、Libra Blockchainは、許可された状態と許可されていない状態の両方で、誰にでも開放されます:消費者、開発者、または企業はLibraネットワークを使用して、一般消費者、開発者、または企業は、Libraネットワークを使用して、その上に製品を構築し、彼らのサービスを通じて付加価値を提供できます。オープンアクセスは参入と技術革新への低い障壁を確実にし、消費者に利益をもたらす健全な競争を促進します。世界のためのより包括的な金融オプションを築くという目標は基礎となります。

Libraブロックチェーン

Libra Blockchainの目標は、新しいグローバル通貨を含む金融サービスの強固な基盤として機能することです。 既存のオプションを評価するプロセスを通じて、3つの要件に基づいて新しいブロックチェーンを構築することにしました。

  • 高いトランザクションスループット、遅延の少ない、および効率的で大容量のストレージシステムを必要とする、数十億アカウントまで拡張可能。
  • 安全性が高く、資金と財務データの安全性を確保します。
  • 柔軟性があるため、Libraエコシステムのガバナンスだけでなく、将来の金融サービスの革新も促進します。

Libra Blockchainは、これらの要件に包括的に対処し、既存のプロジェクトや研究(革新的なアプローチとよく理解されている技術の組み合わせ)から得られた知識を活かして、ゼロから設計されています。Libra Blockchainに関する3つの決定事項について説明します。

  1. Moveプログラミング言語の設計と使用

  2. ビザンチンのフォールトトレラント(BFT)合意アプローチを使用

  3. 広く採用されているブロックチェーンデータ構造の採用と反復

ロードマップ

Libraブロックチェーン:

今後数カ月間、協会はコミュニティと一緒に働き、Libra Blockchainプロトタイプに関するフィードバックを集めて、生産準備ができる状態まで導きます。特に、この仕事はプロトコルのセキュリティ、性能、およびスケーラビリティと実装を確実にすることに焦点を合わせます。

  • Libra Associationは、ユーザーがLibra Blockchainと対話できるように、文書化されたAPIとライブラリを構築します。
  • Libra Associationは、オープンソース方法論を使用して、Libra Blockchainの背後にあるテクノロジの共同開発のためのフレームワークを作成します。ブロックチェーンをサポートするプロトコルとソフトウェアへの変更を議論しレビューするための手順を作成します。
  • 協会は、ブロックチェーンの広範なテストを実行します。プロトコルのテストから、ウォレットサービスや交換などのエンティティと共同でネットワークの本格的なテストを構築し、システムが公開される前に正常に動作していることを確認することまでを含みます。
  • 協会は、Move言語の開発を促進し、言語開発が安定したら(Libraエコシステムの開始後)、サードパーティがスマートコントラクトを作成するためのパスを決定するよう努めます。

コミュニティとともに、協会は、立ち上げから5年以内に移行を開始するという目標を達成できるように、無許可のエコシステムへの道筋に関する技術的課題を調査します。

準備金:

  • 協会は、準備金のために、地理的に分散され、規制された世界規模の機関管理人のグループを設立します。
  • 協会は、認可された再販業者と対話し、高い透明性と監査可能性を確保するために準備金の運用手順を確立します。
  • 協会は、協会が準備金スケットの構成をどのように変えることができるかを確立する方針と手順を確立します。

Libra Association:

  • Libra Association評議会を、地理的に分散した多様な約100のメンバーに成長させるよう努力します。これらはすべて、Libraブロックチェーンの最初の検証ノードとして機能します。
  • 協会は、現在提案されているガバナンス構造に基づいて、協会のための包括的な憲章と一連の細則を作成し、採用します。
  • 協会の専務理事を募集し、同協会の執行チームの採用のために同氏と協力します。
  • 私たちの共同の使命に沿った社会的影響パートナーを特定し、それらと共に社会的影響諮問委員会および社会的影響プログラムを確立する予定です。

チーム

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7