Metabase Network - Dapps構築のためのスケーラブルなブロックチェーン

Metabaseは分散アプリケーションと次世代ビジネスを開発するためのスケーラブルでモジュラーなブロックチェーンプラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
META
開始日時
2018-06-05
終了日時
2018-11-02
最低目標
624,000 USD
最高目標
41,840,000 USD
初回価格
1 META = 0.02 USD
トークン供給数
2,400,000,000
公式サイトへ Owner of Metabase Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームOTHERS
タイプOTHERS
参加可能通貨USD, ETH
供給率30%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre sale 2 - 20% discount
  • Main sale 1 - 15% discount
  • Main sale 2 - 5% discount

概要

Metabaseの機能は次のとおりです。

スケーラビリティ

スケーラブルで拡張性の高いブロックチェーンプラットフォームで、高いスループットで分散アプリケーションを構築できます。

セキュリティ

安全で堅牢なブロックチェーンプラットフォームで、セキュリティライブラリを活用して信頼性の高いアプリケーションを構築できます。

ユーザビリティ

使いやすいカスタマイズ可能なブロックチェーンプラットフォームで、開発者がカスタマイズ可能なプラットフォームレベルのライブラリと直感的な開発ツールを利用できるようにします。

ガバナンス

進化するビジネス、社会、および技術的ニーズに対応できるコモンウェルスネットワークを促進するプロトコルに組み込まれた包括的なガバナンスメカニズム。

Metacoin - 価値の保存

MetacoinはMetabaseの価値保の存通貨です。 これはMetabaseの主要なトークンであり、ICOで発行され、取引所で取引されます。 Metacoinは、ブロックチェーンの為替媒体としては使用できません。 ブロックチェーンで取引手数料を支払うには、最初にMetacoinをMetabitトークンに変換し、次にMetabitトークン建ての妥当な手数料を支払う必要があります。

マイニングによって発行されたMetacoinトークンは、決定論的な減少/デフレ供給を持ちます - ビットコインに似ていますが、生成パラメータが異なります。 Metacoinトークンの生成パラメータはプロトコルにハードコードされており、Governance Mechanicsでは変更できません。

Metabit - 交換媒体

Metabitは、Metabaseの為替通貨です。Metabaseのトランザクショントークンであり、トランザクション手数料を示すために使用されます。 通貨としてのMetabitは、ガバナンスの枠組みによって支配される可能性がある、ある程度の混乱を伴うインフレの要因となります。

MetabitとMetacoinの供給に基づいて、両方のトークン間には為替レートが導出されます。 MetabaseのすべてのトランザクションはMetabitに関して静的なトランザクションコストを持っています、しかし為替レートが適用されるとき、全体的なトランザクションコストはMetacoinに関して本質的に減少しています。

Metabaseは、スプリットチェーン、優先プール、およびレイネットワークの概念を導入することによって、スケーラビリティの問題に対処します。これらのメカニズムを利用することで、マイニング操作が並列化され、ブロックあたりのトランザクション容量が増加し、即時転送が可能になります。

トランザクション容量が多用されると、Metabaseブロックチェーンは自動的に分割されます。まず、ブロックチェーンは、ビットコインと同様に、難易度の目標を達成するために反復ハッシングが必要な、PoWベースのコンセンサスメカニズムに従います。難易度リターゲティングは、すべてのチェーンにわたるブロック生成時間の平均に基づいて行われます。全体のブロック報酬は、PoWメカニズムに割り当てられます。

最終的には、プロトコルはDPoS + PoWベースのメカニズムに移行し、ブロック報酬は2つの方法の間で1:1の比率で分割されます。 DPoSメカニズムは、Bitsharesで使用されているメカニズムと似ていますが、これにより、Stakerは自分のマイニング・ルートを、その後Merkle Rootに署名できるマイナーに委任することができます。 DPoSベースのマイニングが完了すると、Merkle Rootは次に難易度目標が達成されるべきであるPoWベースのマイニングプロセスを経ります。

オンチェーンのスケーリングメカニズムに加えて、Metabaseは、ピア間の即時転送を可能にするネイティブのオフチェーンのスケーリングソリューションを導入します。

ロードマップ

2019年4月 - 2019年9月

レイおよびスペクトルネットワーク

レイおよびスペクトルネットワークは、オフチェーンメカニズムを使用してインスタントP2Pトランザクションを可能にします。 Rayネットワークは価値を移転するために使用され、SpectrumネットワークはスマートコントラクトのためのP2Pオフチェーン取引を可能にするために利用されます。 以下は要件です

  1. レイネットワークは、P2Pオフチェーントランザクションを可能にしなければならないが、1つのチャネルに限定されないです。 各ユーザーは、定義された数のトランザクションの後にメインチェーンと通信するための各オフチェーントランザクションの基本制限とともに、オフチェーントランザクション用に複数のチャネルを作成できなければなりません。 これらのトランザクション制限は、プロトコルの管理メカニズムによって定義されます。

  2. Rayネットワークは動的である必要があります。各トランザクションでは、システムによって定義され合意された制限で各トランザクションが自立します。

  3. 各個別レイネットワークは、メインチェーンのアンカーポイントから開始し、ネットワークで指定された定義された数のトランザクションの後にメインチェーンで解決する必要があります。

2019年9月 - 2019年12月

アイデンティティサブシステム

IDシステムは、次世代のブロックチェーンにとって非常に重要です。 開発するための重要な分野です。 ほとんどのパブリックブロックチェーン、アイデンティティシステムは外部性です。 システムの内部にあるIDシステムを作成するつもりです。

  1. プロトコルの基本構造であるVMを組み込む、私たちの提案したガバナンスシステムは包括的なアイデンティティサブシステムを開発し有効にするために使用されます

  2. アイデンティティサブシステムは本質的に強制的ではありませんが、デフォルト機能として開発される予定です。

2019年6月 - 2019年12月

ツールの設計と開発

この段階では、通常のユーザーもメタベースとやり取りできるようにツールが設計されます。 ツールには以下の特性が必要です。

  1. すべてのツールは使いやすく、ブロックチェーン開発の初心者向けに設計されます。

  2. ツールには、アプリケーションと対話し開発するための、ネイティブの暗号通貨ウォレット、モバイルウォレット、およびインタフェースライブラリが含まれます。

  3. ツールはユーザーが私達のプロトコルのアプリを使い易く、作動するコンパイラーを作成することを可能にするように設計されます。

  4. ツールセットはメタベース用に開発されます。 私たちのツールは開発者コミュニティに限定されるものではなく、ネットワーク上のマイナーにも使用できます。

2019年6月 - 2019年12月

マイニングエコシステム開発

  1. プールマイニング用のマイニングソフトウェアを開発

  2. GPU用マイニングソフトウェアの開発

  3. 設定とコミュニティによるマイニングノードの設定

トークン割り当て

50%:マイナー/マイナーブロックの報酬

25%:マインセール貢献者/創世記の割り当て、45日間から60日間の使用制限

15%:会社/創世記の割り当て、90日間の使用制限

5%:プリセールの貢献者/創世記の割り当て、0から30日の使用制限

5%:積立金/創世記割当、90日間の使用制限

チーム すべてを見る

Anthony Back
Anthony Back
Editor & Research Manager
Ezequiel Djeredjian
Ezequiel Djeredjian
Engagement Manager
Zachary Piester
Zachary Piester
Co-founder
Julien  Breteau
Julien Breteau
Digital Marketing Manager
Kevin Kim
Kevin Kim
Blockchain Research Analyst
Collin Thompson
Collin Thompson
Co-founder

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi