Fan360 - 1つのコミュニティ、すべてのスター、すべてのファン

ファンのための最初のスポーツコミュニティで、完全なファン体験をカバーします。 あなたの好きなスポーツスター、クラブ、ブランドをフォローし、魅力的な報酬を入手。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
FAN
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 FAN = 1 USD
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of Fan360?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率60%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域China, USA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

すべてのソーシャルメディア、ニュース、スコア、統計は1か所で利用可能で、ファンがフォローしたいスポーツスター、リーグ、クラブを選ぶことが可能です。 AI主導のユーザーエクスペリエンスにより、ニュースフィードは各ファンのニーズと好みに合わせて調整されます。    プラットフォーム上のあらゆる行動に対して、ファンは報われます。 いいね、シェア、またはコンテンツへの貢献には、それぞれFANトークンが与えられます。 ファンは、透明なブロックチェーンシステムを介してそれらを収集し、特別な経験、商品、チケットまたは法定通貨に交換することができます。

チーム すべてを見る

Katja Gersak
Katja Gersak
Chief Executive Officer
Mark Zule
Mark Zule
Chief Financial Officer
Nina Gaspari
Nina Gaspari
Chief Marketing Officer
Martin Jordan
Martin Jordan
Chief Technology Office
Matheus Provinciali
Matheus Provinciali
Chief Innovation Officer
Sara Trontelj
Sara Trontelj
Communications Manager

人気ICO記事

  • 国内人気仮想通貨リップルとモナコインが購入できるbitbank取引所の特徴を解説から登録まで! - MONA , XRP

    (ビットバンク)はした国内仮想通貨取引所です。として登録されていたり、が頑丈であると定評のある取引所なので仮想通貨デビューをしたい方々にお勧めできる取引所です。国内で人気のある仮想通貨やの取引高が日本一なので、アルトコインで大きな資金を運用したい方も安心して利用できます。また、すべての取り扱い銘柄を取引所形式で売買でき、手数料も安いので頻繁に取引をされる方にはもってこいの取引所です。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・bitbankは買い板、売り板が存在し、ユーザー同士で売買を行う取引所です。買い板・売り板でまだ、存在しない価格を指値で作ることを
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場
  • DeFiを理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.1

    2019年04月16日追記: おすすめ記事を1つ追加しました。直近の半年で話題になり、注目を集めているトピックの1つが #Defi 分散型金融だろう。何より、実際自身の手で動かしてみることが出来るプロジェクトが多いという意味で、誰にでもとっつきやすいテーマである。クリプトトレーダーやdAppsゲーマーの皆さんのように、基本的なブロックチェーンの理解がある方々だと理解はきっと難しくないはずだ。尚、Editors Choice by CoinViewは、注目トピックの概要を網羅的に理解出来る記事を紹介することで、全体像と概況をスムーズに掴む一助になればという試みだ。直接レポートを書くという事はせず