MyDFS - ブロックチャーン駆動の毎日のファンタジースポーツ

ファンタジースポーツの統計情報とトランザクション、すべてがブロックチェーン上で実行されていますMyDFSは、モバイルデバイス上で動作するオールインワンのブロックチェーン対応の日常的なファンタジースポーツプラットフォームです。 私たちはユーザー体験を簡素化して、あらゆるレベルのプレーヤーにとって楽しいものにしました。 MyDFSトークンを使用することで、ユーザーは他の仮想通貨またはトークンを即時で再生、稼ぐ、交換することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MyDFS
開始日時
2018-10-15
終了日時
2018-11-16
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 MYDFS = 1 USD
トークン供給数
25,000,000
公式サイトへ Owner of MyDFS ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC, ZEC
供給率40%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, China and Singapore
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale - Up to 30%
  • Sale - Up to 25%

概要

オンラインファンタジースポーツ産業は、毎年安定した成長を遂げ、2017年だけで米国とカナダで5900万人以上のユーザーが生み出した70億ドル以上の年間収入を達成しました。成長するユーザーベースだけでなく、ファンタジーリーグに関連するコスト、シングルプレイヤーチャレンジゲーム、リーグ関連の資料にも費やしています。たとえば、平均的なファンタジープレイヤーは、2017年に自分のスポーツで約556ドルを費やしました。同時に、ファンタジーは、業界自体を変えることによって克服できる多くの課題に直面しています。法的地位、高いマーケティング予算、複雑なユーザー検証、資金回収問題、複雑なインターフェースがあります。市場は主に、DraftKingsとFanDuelの業界を開拓した2人の主要プレーヤーの間で分割されています。投資家は確かに感謝していましたが、これらの企業はマーケティング予算のバランスが悪く、外部の競争が激しく、独占的スキャンダルが多く、ファンタジースポーツのビジネスを支配する厳しい法律や規制に挑戦することができないという深刻な問題を抱えています。MyDFSは業界のリーダーと競争しようとはしませんが、業界自体を再定義します。

  • MyDFSは、プレイヤー取引から賞金獲得まで、プラットフォームのあらゆる部分にブロックチェーンとスマートコントラクトを使用することで、最大の透明性を追加します。
  • MyDFSは、イーサリアムベースの仮想通貨トークンERC-20を使用して法的問題を克服します。これらはゲームの真のお金を置き換えます。つまり、世界中の人々がゲームの合法性を心配することなく遊ぶことができます。
  • MyDFSは、ゲームのプロセスをできるだけ簡単かつ直接的に行い、より多くのスポーツファンをファンタジーに引き寄せます。

チーム すべてを見る

Viktor Mangazeev
Viktor Mangazeev
CEO
Anastasia Shvetsova
Anastasia Shvetsova
Chief Communications Officer
Alex Kireev
Alex Kireev
Lead Backend Developer
Denis Polyakov
Denis Polyakov
Android Developer
Polina Polosukhina
Polina Polosukhina
Head of Customer Relations
Anastasia Golikova
Anastasia Golikova
Project Manager

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ