Globatalent - 分散されたスポーツ

Globatalentはあなたの世界的なスポーツのヒーローに投資することができる素晴らしい革命です。これは、クラブや選手が将来の収入権を売却して資金を調達できるブロックチェーンプラットフォームです。 Globatalentは世界中のすべてのファンにスポーツアイドルへの投資を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBT
開始日時
2018-04-16
終了日時
2018-05-06
最低目標
15,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 GBT = 0.07 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Globatalent?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • - Private Pre-Sale * To be concluded 2 weeks before Public Sale Public: - Discount: Up to 45%
  • - Sale Week 1** 16th April 2018 - 22nd April 2018 - Discount: 15%
  • - Sale Week 2** 23rd April 2018 - 29th April 2018 - Discount: 10%
  • - Sale Week 3** 30th April 2018 - 06th May 2018 - Discount: 0%

概要

多くのスポーツクラブや選手は財政問題で目標を達成することができておりません。

スポーツの世界は私たちがおもうように変化する必要があります。

経済的ニーズは若い人材の育成を止めてはならず、スポーツ組織はグローバル人材の自由を許すために財政的に権限を与えられるべきです。

世界各地には失業したクラブや経済的支援が不十分で可能性を達成したことのない才能のある選手が数多く存在します。

彼らは経済的理由でスポーツキャリアをやめ、夢をあきらめるという唯一の選択肢が残されています。

私たちは分散された世界を信じており、スポーツ産業にも同じことをしたいと考えています。

GLOBATALENTチームは、スポーツ業界で50年以上にわたり一筋で取り組んできましたがスポーツ業界の背後にある障害や失望を認識しています。我々は世界のスポーツ産業の革命を支援したいと考えています。

公的なブロックチェーンプロジェクトであるGLOBATALENTは、すべてのフェアプレー献身の確保と適用を担当し、犠牲、献身、フェアプレー、努力、忍耐、決定、規律、謙虚さ、誠実さなどの価値を促進するために公正なスポーツ産業を推進します。

GLOBATALENTは、クラブや選手が権利(スポーツ権利、イメージ、将来の収入)をファンに売ることを可能にするツールを開発する予定です。

クラブや選手は将来の収入権の一部を売却することによって資金が提供され彼らのキャリアやシーズンを継続することができます。

GLOBATALENTは投資家やファンがクラブや選手に投資し、イメージの権利、プレーヤーの移籍、賞金、給料、チケット、テレビの収入その他の収入によって保証される将来の給料を売買することによって収益を得る分散型の市場です。

世界各地のファンは、クラブや選手に少額の資金を投入することもできるためクラブや選手の将来の収入を縛ることができます。

若い選手がファンと直接接触するのを助け、彼らのキャリアを続けるために財政的支援を受けることができるようになり、ファンと彼らの好きなスポーツスターとクラブの間に強い結びつきが生まれます。

GLOBATALENTプラットフォームは世界のスポーツコミュニティが活動を継続し、より健康的なライフスタイルを促進し、財政的に必要なクラブや選手を通常利用する第三者を排除するための財政支援を得るのに役立ちます。

チーム すべてを見る

Sunil Bhardwaj
Sunil Bhardwaj
CEO & Co-founder
Ferrán Martínez
Ferrán Martínez
Co-Founder / Strategic alliances advisor
Alex Preukschat
Alex Preukschat
Co-Founder / Blockchain strategy
Iñaki Cabrera
Iñaki Cabrera
Co-Founder / Sports & Business advisor
Javier Domínguez
Javier Domínguez
CTO
Alfonso Ríos
Alfonso Ríos
Computer engineer

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー