SportyFi - 分散型スポーツ投資と資金調達のエコシステム

SportyFiは、選手、クラブ、団体をファンや投資家と直接つなぐ初の分散型のエコシステムです。イーサリアムプラットフォームに基づいて、SportyFiは仮想通貨のデジタル世界でスポーツ資金の世界を崩壊させ、スポーツ選手やスポーツ団体が世界規模でスポーツ資金を調達する新しい可能性を開拓することを目指します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SPF
開始日時
2017-11-14
終了日時
2017-12-01
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
16,000,000 USD
トークン供給数
134,000,000
公式サイトへ Owner of SportyFi?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Crowdsale - 15%
  • First 72 hours - 10%
  • Over 100 ETH - 10%

概要

プロスポーツは今日、アスリートだけでなく小規模投資家にとっても高い参入障壁を持っています。特に、プロのキャリアを始めようとする選手達は、トレーニングや世界各地のイベントへの参加のための資金調達の際に、多くの問題に直面しています。同じことが、深刻な財政と流動性の問題に直面している多くのスポーツクラブや他のスポーツ組織にとっても同じです。重大な財務および流動性の問題に直面している多くのスポーツクラブやその他のスポーツ団体にとっても同様です。

SportyFiはこれを変えようとしている。

アスリート向け

SpotiFyはこれらの障壁を取り除き、結果としてスポーツ産業の資金調達を変更する SportyFiは、アスリートの成功を達成するための資金調達の際に、運動選手、クラブ、その他のスポーツ団体に役立つブロックチェーンベースの融資プラットフォームを導入することによって、障壁を取り除き、結果としてスポーツ産業の資金調達方法を変更します。

投資家向け

SportyFiは、幅広いコミュニティがスポーツに投資することを可能にします。 SportyFiは、スポーツの参加者のためのスポーツ産業の新しい章を開き、スポーツ投資を民主化します。

チーム すべてを見る

Marko Filej
Marko Filej
Co-founder, CEO
Simon Žgavec
Simon Žgavec
Co-founder, Legal & Compliance
Tomaž Čepon
Tomaž Čepon
Co-founder
Amir Huskić
Amir Huskić
CTO
Blaž Carli
Blaž Carli
Lead Developer
Slađana Čevriz
Slađana Čevriz
Community Coordinator

人気STO/ICO記事

  • 【FXとは?】特徴、仕組みなどを分かりやすく説明!

    FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引のことです。利益を得られる方法は大きく2つあります。1. 「価格変動」による為替差益2. 「スワップ」による金利差益ん。。まだ、見ても分からないと思いますが、詳しくは後ほど説明しますのでまずはFX取引には2つの方法で利益が得られることを頭に入れておきましょう。二つの方法で利益が得られるが、二つを同時に狙うことはとても難しいためベテランのトレーダーでも一般的には「価格変動」による為替差益を中心にトレードします。FX取引の最大の収益は、価格変動による為替差益から得ることができます。ビットコイン、金、株式など全ての投資と同様に安く買っ
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。