Sportcash One - スポーツ産業用ブロックチェーン

私たちのプロジェクトは、安全な取引がブロックチェーンシステムによって保護されたスポーツ産業のためのプラットフォームです。プロジェクトはWavesプラットフォーム上に構築され、Sportcash Oneという名前になります。2つのトークン、プラットフォームを通じて実世界とデジタル商品を直接購入するためのSCOneユーティリティトークン、およびトークンエコノミーとソーシャルメディアプラットフォームの利用、共有のプロモーションのためにユーザーに報いるダイヤモンドトークンを使用します。ロイヤルティプログラム、マルチベンダーショップ、クラウドファンディング付きのソーシャルネットワークがあり、ブランド、ショップ、スポーツ選手、クラブ、ファンが一緒にプログラムに参加します。 企業は私たちのロイヤルティプログラムを使って顧客に報酬を与え、より多くの製品を販売することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
SCOne
開始日時
2019-06-01
終了日時
2019-08-01
最高目標
500,500,000 EUR
初回価格
1.1314 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Sportcash One?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWaves
タイプWaves
参加可能通貨Others
供給率59%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Sportcash Oneは、2つのメカニズムから始めました。経済的に優秀なアスリートにインセンティブを与えた寄付をする能力と役立つ環境プロジェクトです。 顧客は購入時にコインを獲得し、それらのコインを報酬、割引、または特別な取引に使用できます。

ブロックチェーンと組み合わせた私達の顧客ロイヤルティプログラムは、ネットワーク上の顧客と企業の間の安くて速い転送を提供します。

Sportcash One Coinsは参加者全員を結ぶ中心的な立場にあります。

チーム

Roberto Moretto
Roberto Moretto
CEO & Founder
Jarno Hogeweg
Jarno Hogeweg
CTO & Founder
Wouter Schol
Wouter Schol
Main Developer
Gregory Ryan
Gregory Ryan
Management Consultant / Operational Finance
Julian Abal
Julian Abal
Main designer
Sander de Mooij
Sander de Mooij
Marketing/Communications

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・