Paytomat - 仮想通貨支払いのための分散システム

Paytomatは、商人、消費者、クリティカルコアチームがお互いを見つけ出し、毎日の支払いの新しい方法として暗号化通信の現実の牽引力を生み出すためのブロックチェーンベースの決済処理システムです。分散型の自治組織と分散型フランチャイズとして構築されたPaytomatは、PTMコインに基づいた2つの独自のロイヤルティプログラム、商人が暗号で支払いを受け入れるよう誘導する、PTXトークンを備えています。トークンの販売目的で、WavesベースのトークンPTIを使用します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PTI
開始日時
2018-10-01
終了日時
2018-10-30
調達金額
499.8804657 BTC
最低目標
455.5 BTC
最高目標
1,756 BTC
初回価格
1 PTI = 0.0001 BTC
トークン供給数
21,908,640
公式サイトへ Owner of Paytomat?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEOS
タイプOTHERS
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, WAVES, DASH
供給率80%
KYCKYC & Whitelist
参加不可地域USA, China, Southern Korea
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 2018-10-01-2018-10-30 - 10%

概要

Paytomatは、販売時点管理端末の分散型ネットワークを通じて、暗号のトランザクション使用をインセンティブ化するためのプラットフォームです。

Paytomatは企業や顧客に対して、さまざまな仮想通貨(以下、単に「暗号化」と呼ぶ)を受け入れ、同時にこれらの通貨に流動性を持たせるようインセンティブを与える。

私たちは、既存のPOS(point-of-sale)ソリューション上で暗号化された支払いを受け取る拡張機能を構築し、それを150の商人にうまく導入しました。現在、顧客のモバイルウォレットと、ペイメント処理とブロックチェーンベースのロイヤルティプログラムの両方について、スタンドアロンのPaytomat Mobile POSをベータテストしています。

Paytomatは、商人向けの暗号の支払いを受け入れるプロセスを合理化し、余分な変換をせずに選択した暗号で顧客が支払うように特別なインセンティブを与えます。

マーチャントと顧客の両方は、暗号と平等に渡って資産を管理する潜在的な暗号投資家として扱われます。加盟店は、当社の支払い処理パートナーを通じて容易に現金化することができ、または暗号化の利益の一部を保持することができる。

当社独自のブロックチェーンベースのロイヤルティプログラムは、PTMコインに基づいており、商人が暗号での支払いを受け入れるよう促し、PTXトークンはPTMブロックチェーンの上に資産として存在し、最終顧客に暗号を介して支払いを促します。

このトークンセールの目的のために、Waves Platformに基づくPTIトークンについても紹介します。 PTIは、PTMブロックのテスト中にこのトークンの販売を行うことを可能にする暫定的なトークンです。 PTMブロックチェーンのリリース後、PTIトークンホルダーは、PTIトークンをPTMコインに交換することができます。

Paytomat事業は、分散型フランチャイズの要素を組み込んだ分散型自律型組織として構成されています。その地方分権化を強化するために、当社のエンジニアはPOS(Point-of-Sale)ステークス(PoSとしてのPOS)プロトコルを開発し、ネットワーク上のPOSデバイスをPTMブロックチェーン上のmasternodeにすることができます。

Paytomat POSソリューションは、自国市場(ウクライナ)の様々な加盟店の数十社がすでに使用しており、2018年の第1四半期には、150以上の他の加盟店を他の国に接続する予定です。私達の進歩と牽引に従うためにpaytomat.comを訪問してください。

チーム

Yurii Olentir
Yurii Olentir
CEO
Andriy  Velykyy
Andriy Velykyy
Business Development Director
Alexandr Baranovsky
Alexandr Baranovsky
Marketing Development Director
Iaroslava Tkalich
Iaroslava Tkalich
CMO
Dmitry Baimuratov
Dmitry Baimuratov
Blockchain Evangelist

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である