SLP - ボーナスポイントの交換プラットフォーム

SLPはブロックチェーンベースのボーナスポイント交換、ロイヤリティトークンウォレット専用のマーケティングエンジンを備えたロイヤルティプログラム用の分散プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SLP
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 SLP = 0.01 USD
トークン供給数
2,400,000,000
公式サイトへ Owner of SLP?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SLPはブロックチェーンベースのボーナスポイント交換、ロイヤリティトークンウォレット専用のマーケティングエンジンを備えたロイヤルティプログラム用の分散プラットフォームです。    より多くの消費者がブランドロイヤルティプログラムに参加するにつれて、より多くの忠誠ポイントが請求されなくなりました - ボンドブランドロイヤルティによる最近の調査では、未使用ポイントで1000億ドルが記録されています。会員がロイヤルティプログラムに時間を割ける価値がないと判断した放棄傾向はますます高まっています。    どのタイプのロイヤリティプログラムモデルビジネスが使用されているかに関わらず、消費者はこれまで以上に厳しい要求にさらされています。顧客との繋がりが弱いと、加入しているが参加していない顧客やプログラムの価値に対する顧客の認識が時間の経過と共に低下している顧客の喪失が失われる可能性があります。    SLPは、企業が分散型ブロックチェーンプラットフォーム上でトークン化されたロイヤリティポイントを発行、処理、使用するためのインフラストラクチャを実装します。これにより、顧客は、プラットフォームの主要通貨であるSLPトークンを使用してボーナスポイントを交換することができます。

チーム すべてを見る

Leonid Shangin
Leonid Shangin
Founder
Michael Shtefan
Michael Shtefan
Product
Aleksandr Belousov
Aleksandr Belousov
Operations
William Shanarov
William Shanarov
Technology
Dave Freedman
Dave Freedman
U.S. Expansion
Alexey Benko
Alexey Benko
Finance

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[