KryptoRedeem - お客様に幸福と新しい体験をお届けします

KryptoRedeemは、顧客、セグメントの詳細ビューを提供するブロックチェーンテクノロジーを備えたプラットフォームであり、マーケティングキャンペーン、パーソナライズされたプロモーション、オンラインアンケートを自動化して、トークンでの報酬で忠誠心に報いることができ、運営を完全に制御できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
KryptoRedeem / KRT
開始日時
2019-08-26
終了日時
2019-10-02
最低目標
500,000 USD
最高目標
2,500,000 USD
初回価格
0.5600 USD
トークン供給数
10,000,000
公式サイトへ Owner of KryptoRedeem?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    KryptoRedeemは、さまざまなロイヤルティプログラムとメンバーシップに適用できるブロックチェーンベースのプラットフォームサービスを構築します。また、異なるブランドで分離されたさまざまなポイントと利点を統合することにより、1つのシステムを提供します。 KryptoRedeemの統合APIを通じて、ブランドはさまざまなロイヤルティプログラムと機能を使用できます。ポイント、クーポン、プロモーションなどの報酬システムは、ブランドのロイヤルティサービスにメリットを提供し、DBとリンクしています。

    トランザクションレコードはスマートコントラクトに保存されます。このプラットフォームのモジュールは、スタイルと行動の分析を通じて消費者に正確な推奨事項を提供できます。ブランドが購入したトークンを取得すると、そのトークンは顧客に配布され、ウォレットに表示されます。

    小売業者はエコシステムのユーザーを引き付けてキャンペーンに参加する必要がありますが、エコシステムユーザーはプラットフォームに参加する自由意志があります。また、どの顧客も小売業者の立場にあり、独自のキャンペーンを構築できます。地方分権化は、双方の立場になる機会を与えます。誰でもトークンを使用して、KrypoRedeem(当社のWebサイト)トークンに基づいてオーバーレイを構築したり、プロジェクトを使用してオーバーレイで独自のキャンペーンを作成したりできます。小売業者にとって、投資からのリターンを得ることが非常に重要です。これが、小売業者がリードごとに支払うエコシステムを考えた理由です(キャンペーンのユーザーアクティビティはリードです)。これは、ロイヤルティプログラムよりもマーケティングベースのシステムに近いものです。

    KryptoRedeemプラットフォームは、ユーザーエクスペリエンスに焦点を当てた発行者と消費者の報酬も改善し、セキュリティを強化し、管理と発行に関連するコストを削減します。

    チーム すべてを見る

    Pedro López
    Pedro López
    CEO Funder
    Vanessa Pérez
    Vanessa Pérez
    Co- Funder
    Xavier Pérez
    Xavier Pérez
    Blockchain developer
    Natalia Megia
    Natalia Megia
    Marketing & communication
    Cesar Martinez
    Cesar Martinez
    PM
    Andres Mendoza
    Andres Mendoza
    UX Fron End

    人気STO/ICO記事

    • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

      累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
    • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

      ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ