Subaj Global Network - デジタルロイヤリティ&リワード&ショッピングトークン

SUBAJは、相互に利益を得るために参加できる様々なタイプの企業、ビジネス、小売業者、商人の分散型市場を提供します。 参加者はそれぞれの暗号トークンを作成し、SUBAJグローバルネットワーク内のロイヤルティ報奨として顧客に提供することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SBJ
開始日時
2018-06-18
終了日時
2018-09-30
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
70,000,000 USD
初回価格
1 SBJ = 0.05 USD
トークン供給数
2,500,000,000
公式サイトへ Owner of Subaj Global Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SUBAJ GLOBAL NETWORK は、企業、商人、小売業者、サービスプロバイダー、そして誰もが急速に成長しているグローバルコミュニティスペースに参加することを歓迎します。ソーシャルゲーミフィケーション、拡張現実、ジオドープ技術などの画期的な技術によって推進されている SUBAJ は、最新のロイヤルティ報酬共有ブロックチェーンプラットフォームを通じて数十億の顧客のショッピング体験に革命をもたらすことを目指しています。すべての種類の小売業者、商人、クラブ、コミュニティが参加して独自のビジネストークンを作成し、ロイヤルティ報酬として顧客に提供できる高度なユーティリティモデルと洗練されたインフラストラクチャ。

SUBAJ は顧客や商人のために、初めての報酬が真の意味を持つ、より意味のある世界を創り出すのは当社の勤めです。最先端のブロックチェーンテクノロジを使用して、何十億人の顧客のショッピング体験を混乱させることを目指しています。 SUBAJ は、さまざまなタイプの企業、企業、小売業者、および商人で構成された世界初のマルチコマースプラットフォームであるグローバル分散型市場です。このプラットフォームは、顧客とのコミュニケーション、マーケティング、および暗号化に基づくロイヤルティ報酬を共有するモバイルソリューションを提供します。小売業者は、近接地域内でローミングしている潜在顧客を容易にターゲットにして、GeoDropテクノロジと拡張現実(AR)を通じて、オファー、割引などを送信することができます。

各商人トークンは、 SUBAJ Exchange Platform(SXP)を介して交換することができます。 SUBAJコイン(SBJ)**は、エコシステム全体を強化し、報酬に使用され、ショッピングが行われるたびに価値が上昇します。 SUBAJマーチャントトークン開発者インターフェイス(SMTDI)を使用するマーチャント、小売業者、サービスプロバイダーおよび企業は、独自のロイヤルティトークンを作成し、顧客に提供することができます。航空産業、金融業界、電気通信およびエネルギー部門から物流、電子商取引および組織に至るまで、各ビジネストークンは相互に変換され、SUBAJコインを介して製品またはサービスを交換することができます。

最も簡単な言い方をすれば、 SUBAJグローバルネットワークによって、商人と顧客のグローバルコミュニティ空間(オフラインとオンラインの両方)における即時に識別可能な価値が創出されます。このようにして、皆のためにWIN-WIN-WINの状況を作り出すよう努めています。

SUBAJ の主な特長:

1 \。顧客は価値ある暗号トークンを報酬として得ます。\

2 \。顧客が製品と報酬を探す代わりに製品と報酬は顧客を探します。    3 \。 SUBAJチャリティー基金を通じて、恵まれない人々や子供たちのために意味のある世界を作ります。

チーム すべてを見る

Apoorv Gupta
Apoorv Gupta
ADVISORS
Knut Jacobi
Knut Jacobi
Board Member
Mohammed Karim
Mohammed Karim
Chief Finance Advisor
Shabaz Ahmed
Shabaz Ahmed
Kashif Syed
Kashif Syed
Merchant Community Manager
Adebayo Surakatu
Adebayo Surakatu
CEO

人気STO/ICO記事

  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7