Globatalent - 分散されたスポーツ

Globatalentはあなたの世界的なスポーツのヒーローに投資することができる素晴らしい革命です。これは、クラブや選手が将来の収入権を売却して資金を調達できるブロックチェーンプラットフォームです。 Globatalentは世界中のすべてのファンにスポーツアイドルへの投資を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
GBT
開始日時
2018-04-16
終了日時
2018-05-06
最低目標
15,000,000 USD
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
1 GBT = 0.07 USD
トークン供給数
500,000,000
公式サイトへ Owner of Globatalent?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • - Private Pre-Sale * To be concluded 2 weeks before Public Sale Public: - Discount: Up to 45%
  • - Sale Week 1** 16th April 2018 - 22nd April 2018 - Discount: 15%
  • - Sale Week 2** 23rd April 2018 - 29th April 2018 - Discount: 10%
  • - Sale Week 3** 30th April 2018 - 06th May 2018 - Discount: 0%

概要

多くのスポーツクラブや選手は財政問題で目標を達成することができておりません。

スポーツの世界は私たちがおもうように変化する必要があります。

経済的ニーズは若い人材の育成を止めてはならず、スポーツ組織はグローバル人材の自由を許すために財政的に権限を与えられるべきです。

世界各地には失業したクラブや経済的支援が不十分で可能性を達成したことのない才能のある選手が数多く存在します。

彼らは経済的理由でスポーツキャリアをやめ、夢をあきらめるという唯一の選択肢が残されています。

私たちは分散された世界を信じており、スポーツ産業にも同じことをしたいと考えています。

GLOBATALENTチームは、スポーツ業界で50年以上にわたり一筋で取り組んできましたがスポーツ業界の背後にある障害や失望を認識しています。我々は世界のスポーツ産業の革命を支援したいと考えています。

公的なブロックチェーンプロジェクトであるGLOBATALENTは、すべてのフェアプレー献身の確保と適用を担当し、犠牲、献身、フェアプレー、努力、忍耐、決定、規律、謙虚さ、誠実さなどの価値を促進するために公正なスポーツ産業を推進します。

GLOBATALENTは、クラブや選手が権利(スポーツ権利、イメージ、将来の収入)をファンに売ることを可能にするツールを開発する予定です。

クラブや選手は将来の収入権の一部を売却することによって資金が提供され彼らのキャリアやシーズンを継続することができます。

GLOBATALENTは投資家やファンがクラブや選手に投資し、イメージの権利、プレーヤーの移籍、賞金、給料、チケット、テレビの収入その他の収入によって保証される将来の給料を売買することによって収益を得る分散型の市場です。

世界各地のファンは、クラブや選手に少額の資金を投入することもできるためクラブや選手の将来の収入を縛ることができます。

若い選手がファンと直接接触するのを助け、彼らのキャリアを続けるために財政的支援を受けることができるようになり、ファンと彼らの好きなスポーツスターとクラブの間に強い結びつきが生まれます。

GLOBATALENTプラットフォームは世界のスポーツコミュニティが活動を継続し、より健康的なライフスタイルを促進し、財政的に必要なクラブや選手を通常利用する第三者を排除するための財政支援を得るのに役立ちます。

チーム すべてを見る

Sunil Bhardwaj
Sunil Bhardwaj
CEO & Co-founder
Ferrán Martínez
Ferrán Martínez
Co-Founder / Strategic alliances advisor
Alex Preukschat
Alex Preukschat
Co-Founder / Blockchain strategy
Iñaki Cabrera
Iñaki Cabrera
Co-Founder / Sports & Business advisor
Javier Domínguez
Javier Domínguez
CTO
Alfonso Ríos
Alfonso Ríos
Computer engineer

人気STO/ICO記事

  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし
  • 韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント、独自のブロックチェーンプラットフォームを開発か

    韓国現地メディアによると、韓国の大手芸能事務所SMエンターテインメント(BoA、東方神起、少女時代などを生みだした芸能事務所)が昨日、韓国で開かれた「Upbit開発者カンファレンス」で独自のブロックチェーンプラットフォームをリリースする計画があることを発表した。SMエンターテインメントはブロックチェーンが「仮想の世界」と「実物の世界」をつなぐいい道具として役割を果たすことができると判断した説明した。また、アーティストとファンがウィンウィン(win-win)できるモデルを作るために最善を尽くすと述べた。SMエンターテインメントの関係者は「ブロックチェーン事業を一緒にやっていく協力会社と話を進めて
  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数