ETHA - ブロックチェーン送金プラットフォーム

暗号通貨が法定通貨に変換できるようにする初の分散型送金ソリューションプラットフォーム。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
ERA
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.0600 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of ETHA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, LTC, ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ETHAは、加盟店と消費者がデジタル資産を活用して世界中に法定通貨を送れるようにする、世界初のブロックチェーンベースの送金プラットフォームを導入します。

送金ソリューションプラットフォームは、仮想通貨から法定通貨転送を容易にする最初のプラットフォームになります。消費者および加盟店は、銀行口座への直接送金、ローカル(現金)送金、モバイルトップアップなど、受取人に異なる支払いオプションを柔軟に選択できるようにすることで、デジタル通貨を使用して法定通貨を送ることができます。

ETHA支払いインフラストラクチャは、1つのエコシステムの下で分散リソースと集中リソースを統合する分散オペレーティングシステムとして機能します。

現在の状態では、スマートコントラクトはブロックチェーンでどのように保護されていて、そしてマイナーが合意に決められるという性質のため、従来の銀行や決済システムではスマートコントラクトにアクセスできません。これらの制限は、当面の間続く可能性が最も高いです。

この問題を解決するために、ChainLinkと提携して分散ミドルウェアを使用して、スマートコントラクトがオフチェーンデータフィードにアクセスしたり、APIを使用して銀行送金を検証および実行したりします。

私たちのトークンの価値戦略は、その成長を促進するための複数のメカニズムを備えています。

ERAトークンは、以下を含むが限定されてない、当社のプラットフォーム上のあらゆる料金の決済に使用されます。

  • 交換手数料
  • 取引手数料
  • 貸付プラットフォームの担保
  • 手数料の割引
  • 交換のための上場手数料
  • 今後の限定サービス

チーム すべてを見る

Anand Raj
Anand Raj
CTO & Blockchain Consultant
Gopal Harris
Gopal Harris
Blockchain Engineer
Chester Bella
Chester Bella
Head of Business Development
Ayesha Mittal
Ayesha Mittal
Project Coordinator
Ankit Prajapati
Ankit Prajapati
CCO / Web-Development
Danny Boahen
Danny Boahen
Head of Business Operation

人気ICO記事

  • 国内人気仮想通貨リップルとモナコインが購入できるbitbank取引所の特徴を解説から登録まで! - MONA , XRP

    (ビットバンク)はした国内仮想通貨取引所です。として登録されていたり、が頑丈であると定評のある取引所なので仮想通貨デビューをしたい方々にお勧めできる取引所です。国内で人気のある仮想通貨やの取引高が日本一なので、アルトコインで大きな資金を運用したい方も安心して利用できます。また、すべての取り扱い銘柄を取引所形式で売買でき、手数料も安いので頻繁に取引をされる方にはもってこいの取引所です。bitbankは買い板、売り板が存在し、ユーザー同士で売買を行う取引所です。買い板・売り板でまだ、存在しない価格を指値で作ることをといいますがbitbankではメイカー注文の手数料がマイナスとなってい
  • 【ハピタス】貯めたポイントの交換方法・高還元率の交換先をご紹介

    人気ポイントサイト「ハピタス」で稼いだポイントの交換・換金方法と、お得な交換方法をご紹介していきます。いざ、ポイントを交換しようと思った時に、手順が分からなかったり、どのポイントに交換すれば良いか分からないという方にご覧いただけますと幸いです。   ◤◢◤◢  ◤◢◤◢・・のポイント交換先は多数のラインナップが用意されています。ここが悩むポイントですね。まずは交換先一覧をみてみましょう。のメッセージで交換完了メールでギフトコードが届きますので、選択したポイントがちゃんと交換されているか確認しましょう。これでポイント交換は完了です。の唯一とも言っていいデメリットとしてよく挙げられる
  • Amuse (アミューズ)― 最も有益なアート&カルチャープラットフォームとして2019年に始動

    インターネットの発達によりメディアコンテンツの制作、配信のマーケットはすっかり変わりました。今や世界規模でのコンテンツ消費は容易になり、その速度も以前に比べると格段に速くなりました。実際、世界のエンターテインメント、メディアのマーケットは現在規模と推定されており、今後5年はまだ拡大すると見られています。しかしながらアーティストやコンテンツクリエイターへの公正な報酬、検閲、国際的配信の効率などといった点では業界は非常に困難な問題に直面しています。クリエイターはまず、著作権の問題に直面します。ネット上では何でもコピーされ、自由に拡散されます。このことについてアーティストや制作者にとっての世界共通