Remiit - 分散型送金プラットフォーム

RSCは、様々なビジネスに対応できる設定可能なスマートコントラクトを提供し、海外の企業との接続やパートナーシップを作成する自由を提供します。RPGPは、支払業者および支払いゲートウェイがREMIITの送金プラットフォームを通じて取引を行うためのインターフェースです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
REMI
開始日時
2018-10-17
終了日時
2018-12-25
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
1 REMI = 0.01 USD
トークン供給数
2,400,000,000
公式サイトへ Owner of Remiit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

REMIITは、信託基盤のスマートコントラクトシステムを通じて様々な企業やユーザーをつなぐブロックチェーン上の送金および支払いプラットフォームです。 REMIITは、Money Transfer Sectorにおけるビジネスのビジネススケーラビリティを可能にし、ユーザーに2層トークンシステムによる安価で透明なプロセスを提供します。

REMIITスマートコントラクト(RSC)

RSCは、様々なビジネスに対応できる設定可能なスマートコントラクトを提供し、海外の企業との接続やパートナーシップの自由を提供します。

REMIIT支払いゲートウェイプロトコル(RPGP)

RPGPは、支払業者および支払いゲートウェイがREMIITの送金プラットフォームを通じて取引を行うためのインターフェースです。

REMI-REMD 2層トークンシステム

急激なバリュー変動を防ぎ、円滑な海外送金を確保します。    REMIは取引所で取引されたトークンであり、REMDに変換するユーティリティの役割を果たします。 REMDは、海外ブロックチェーン送金システムで使用されるトークンです。 REMD分散型取引所:海外送金システムでは、リンカーズが保有するREMDの不均衡が存在します。したがって、Linkersが他の仮想通貨を使用して自らのオーバーとショートを取引できる内部取引所が設計されました。このメカニズムを利用することで、流動性の問題を自律的に解決することができます。

チーム すべてを見る

Taewon Kim
Taewon Kim
Israel Keys
Israel Keys
Ueda Shin
Ueda Shin
David Seo
David Seo
Jin Wan Cho
Jin Wan Cho
Kwon Gi Mun
Kwon Gi Mun

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)