Streamity - 分散型暗号通貨取引所

StreamDeskは、スマートコントラクトの構築や決済諸システムのAPIを活かして、仲介業者等に頼らず暗号通貨を法定通貨に交換できる、世界初の分散型プラットフォームです。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
STM
開始日時
2018-06-25
終了日時
2018-08-06
最低目標
500,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
トークン供給数
110,200,000
公式サイトへ Owner of Streamity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, ETC, LTC, Fiat
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

StreamDeskをその他の競合相手より優位に立たせる主な利点

最低限の手数料

ユーザーは送金方法を自分で決めます。大概の場合は法定通貨での手数料は掛かりません。暗号通貨での手数料は0~2%以内に収まります。

スマートコントラクトの利用

スマートコントラクトは『Streamity』決済環境の不可欠な部分になります。

固定された暗号通貨交換相場

各暗号通貨を一定のレートで売買できます。大手のオンライン取引場で自動的に収集された相場関連情報は『市場』セクションに表示されます。

クリプト・コミューニティーの自由

法定・暗号通貨はプラットフォーム内でロックされません。通貨売買は直接買い手と売り手の間で行われます。

チーム

Vladislav Kuznetsov
Vladislav Kuznetsov
CEO Founder
Dmitry Martianov
Dmitry Martianov
CTO Co-Founder
Oles Sribny
Oles Sribny
Head of Investment
Andrey Zolin
Andrey Zolin
Blockchain Advisor
Sergey Bogatirev
Sergey Bogatirev
SINGEXPERT (Singapore)
Aleksey Gaiduk
Aleksey Gaiduk
CEO, Founder Fortifier

人気ICO記事

  • 国内ブロックチェーン・スタートアップ資金調達事例のまとめ【2019年2月版】

    ここ最近、ずいぶん周囲のブロックチェーンスタートアップが資金調達しているなぁと思うようになりました。実際に数えてみると、直近3ヶ月でブロックチェーン系スタートアップの資金調達が12件。2017年や2018年はまだ、とかなんて発想が頭にあったから、こういった国内での調達のニュースが少なかったのか。今の仮想通貨市場考えたら、普通のVCの方がお金あるよね、という話なのか。色々原因や仮説はあるかと思いますが、とにかく最近増えているよね、と。というわけで、簡単に一覧で直近6ヶ月で資金調達した、国内のブロックチェーンスタートアップをまとめてみました。一覧はこんな形ですが、ちょっと詳細追っていきましょう
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

    先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
  • 【開催報告】Next Economy Conference 2018

    かれこれ、もう5ヶ月も前の話になってしまいますが、コイン相場が初の主催イベント、Next Economy Conference 2018を2018年9月15日に開催致しました。あいにくの天候だったのですが、350名の方に遊びに来て頂けました。改めまして、登壇者の方、来て頂いた方、ブース出展して頂いた方、スポンサー様、みなさんありがとうございました。開催報告と言っても、Logmiさんが全文を書き起こしてくれたのと、ダイジェスト動画が出来たのでご報告です。今見ても、とても豪華な登壇者の方々なので、お時間がある時に、ぜひ見てみてくださいね。なお、する予定です。共催したい、とか出展したいとか登壇した