Corl - 現代的な投資オプション

Corl Financial Technologies Inc.(Corl)はCorl Token(CORL)を立ち上げています。 CORLは、潜在的な早期収益企業に収益分配型ファイナンスを提供する企業における株式所有を表す世界初のトークンです。 市場の伝統的なトークンとは異なり、CORLは、Corlの将来の収益に基づいて、投資家がEther(ETH)の形で四半期配当金を受け取る利益分配モデルに基づいています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CRL
最高目標
49,500,000 USD
初回価格
1 CRL = 0.15 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Corl?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, USD
供給率39%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Corl Financial Technologies社は、技術と収益に基づく革新的な資金調達戦略を使用して、起業家と投資家に力を与えることを目指しています。Corlは、十分に活用されていない革新的な投資構造を市場に提供することで、起業家や投資家の戦略的および財務的目標を達成するための創始者フレンドリーな成長資本を提供します。当社の哲学はシンプルであり、起業家は、自社のペースで、自らの条件で、Capital-as-a-Service(CaaS)を通じ、企業を成功裏に成長させるために必要な資本にアクセスする必要があります。Corlでは、起業家と投資家の利益が一致したとき、真の成長が始まることを知っています。設立以来、同社は有名なニュースアウトレット、ブログの注目を集めており、2017年にはCorv(以前のSeedlify)がTechvibesにより、カナダで最も注目され、最も有望な金融テクノロジー企業の1つとして説明されました。 Corlは技術、財務、規制、ブロックチェーン、貸付、リスク、投資管理の分野の専門知識を持つ経験豊富なチームによって管理されています。

チーム

Sam Kawtharani
Sam Kawtharani
Chief Executive Officer
Derek Manuge
Derek Manuge
Chief Investment Officer (CIO)

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗