Hatchworks - 大衆向けVC投資説明

Hatchworksは、社内インキュベーターを所有するベンチャー企業です。当社は、投資委員会(IC)および運営委員会(OC)を通してポートフォリオ投資を徹底的に検証、投資、監視しています。当社独自のアルゴリズム投資洞察プラットフォームであるHatchnetは現在、すべてのHATCHTOKEN保有者に開放されており、長い間一般投資家を寄せ付けなかった業界をリードするVC取引に関する早期アクセスおよび洞察を提供しています。VCは基本的に自らにとって利益のある取引は口は図示しませんが、今後は一連のHatchfundsを通じて共有します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HTCH
開始日時
2019-08-10
終了日時
2019-08-10
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
0.2500 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Hatchworks?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Hatchworks は、「Hatchnet」と呼ばれる社内インキュベーターおよび市場洞察プラットフォームを備えたベンチャー企業です。投資家とベンチャー企業の両⽅が、調査や投資をする企業に関連した情報を明らかにしない傾向があるベンチャーキャピタルの不透明である現実とは異なり、Hatchworks では、過去に⾏われたすべての投資とそれに関連する詳細な情報だけでなく、現在進⾏形で⾏われている調査や投資もクリアにすることで、現状の枠組みに変⾰を起こします。このプロセスは、IPO まで確認することができない取引に関する投資家に最も関連性の⾼い情報を提供する Hatchworks 独⾃の市場洞察プラットフォームである Hatchnet 上にてリアルタイムで⾏われます。

Uber や Beyond Meat などの企業は市場に登場するまでに、既に評価を上げながら様々な資⾦調達ラウンドを進めていました。このような資⾦調達ラウンドは、Uberや Beyond Meat などのユニコーン企業がまだ数百万ドルレベル(⼀般投資家が参加するのに理想的な時期)の時期に開業資⾦調達と共に開始されました。シリーズ A からシリーズ D までと IPO 以前の資⾦調達への道のりは、数億から数⼗億ドルの範囲の評価で⾏われます。このような資⾦調達は秘密裏に、富裕機関投資家、他のベンチャー企業、またはシンジケートとの間で⼿を取り合っています。平均的な個⼈投資家がこのような期間に重要な ROI について情報を得るのは⾮常に困難であり、ベンチャー企業が撤退する時(⼤型 IPO)期が来たときに初めて情報が⼊ります。

VC トラッカーファンドを通して上記の問題に対処する試みが⾏われましたが、その多くは失敗に終わりました(後述の「競合」の項で解説)。Hatchworks の投資委員会の役員は、MFO Asset Management Ltd.のような数⼗億ドル規模の資産運⽤会社の主要取締役会を開催しています。DALP(ポートフォリオ会社 Spectre.ai に属する)として認知されている数百万ドルの資⾦プールへのアクセスを既に所有していると共にこのような戦略的ネットワークにより、Hatchworks はすでに、ポートフォリオ構築プロセスを様々な投資段階での公開取引だけでなく、Weengs のような VC タイプのシンジケート取引でも開始しました。また、個⼈投資家が知っておくべき取引にアクセスするための新しい⽅法を導⼊する Hatchnet(アルファ版は www.hatchworksvc.com で⼊⼿可能)を完成させました。Hatchworks は現在、ポートフォリオ構築プロセスを拡⼤し、商⽤版の Hatchnet を消費者向けに⽴ち上げ、平均的な⼈たちが新興企業にアクセスできるようにする⼀連の資⾦(「Hutchfunds」と呼ばれる)を⽣み出すために、5,000 万ドルの資⾦を求めています。

それを実⾏するために、Hatchworks は HATCHTOKEN と呼ばれる ERC-20 デジタルユーティリティトークンを発⾏しています。このユーティリティトークンは、Hatchnetへの基本的で優れたアクセスを⼀般投資家に提供し、投資の成功の可能性を劇的に⾼める事を⽬的とすると共に、後に概説する独⾃の実⽤的範囲を拡⼤させます。

チーム すべてを見る

Eric Wong
Eric Wong
Investment Committee Member at Hatchworksvc
Jaap Spreeuwenberg
Jaap Spreeuwenberg
Ho Kiang San
Ho Kiang San
Ian Buck
Ian Buck
Head of Investor & Affiliate Relations at Spectre.ai, and Investment Committee member at Hatchworks
Kartik Swaminathan
Kartik Swaminathan
Kay Khemani
Kay Khemani
Director at Neuchatel Ltd, Investment Committee Member

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ