Hatchworks - 大衆向けVC投資説明

Hatchworksは、社内インキュベーターを所有するベンチャー企業です。当社は、投資委員会(IC)および運営委員会(OC)を通してポートフォリオ投資を徹底的に検証、投資、監視しています。当社独自のアルゴリズム投資洞察プラットフォームであるHatchnetは現在、すべてのHATCHTOKEN保有者に開放されており、長い間一般投資家を寄せ付けなかった業界をリードするVC取引に関する早期アクセスおよび洞察を提供しています。VCは基本的に自らにとって利益のある取引は口は図示しませんが、今後は一連のHatchfundsを通じて共有します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HTCH
開始日時
2019-08-10
終了日時
2019-08-10
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
0.2500 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Hatchworks?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Hatchworks は、「Hatchnet」と呼ばれる社内インキュベーターおよび市場洞察プラットフォームを備えたベンチャー企業です。投資家とベンチャー企業の両⽅が、調査や投資をする企業に関連した情報を明らかにしない傾向があるベンチャーキャピタルの不透明である現実とは異なり、Hatchworks では、過去に⾏われたすべての投資とそれに関連する詳細な情報だけでなく、現在進⾏形で⾏われている調査や投資もクリアにすることで、現状の枠組みに変⾰を起こします。このプロセスは、IPO まで確認することができない取引に関する投資家に最も関連性の⾼い情報を提供する Hatchworks 独⾃の市場洞察プラットフォームである Hatchnet 上にてリアルタイムで⾏われます。

Uber や Beyond Meat などの企業は市場に登場するまでに、既に評価を上げながら様々な資⾦調達ラウンドを進めていました。このような資⾦調達ラウンドは、Uberや Beyond Meat などのユニコーン企業がまだ数百万ドルレベル(⼀般投資家が参加するのに理想的な時期)の時期に開業資⾦調達と共に開始されました。シリーズ A からシリーズ D までと IPO 以前の資⾦調達への道のりは、数億から数⼗億ドルの範囲の評価で⾏われます。このような資⾦調達は秘密裏に、富裕機関投資家、他のベンチャー企業、またはシンジケートとの間で⼿を取り合っています。平均的な個⼈投資家がこのような期間に重要な ROI について情報を得るのは⾮常に困難であり、ベンチャー企業が撤退する時(⼤型 IPO)期が来たときに初めて情報が⼊ります。

VC トラッカーファンドを通して上記の問題に対処する試みが⾏われましたが、その多くは失敗に終わりました(後述の「競合」の項で解説)。Hatchworks の投資委員会の役員は、MFO Asset Management Ltd.のような数⼗億ドル規模の資産運⽤会社の主要取締役会を開催しています。DALP(ポートフォリオ会社 Spectre.ai に属する)として認知されている数百万ドルの資⾦プールへのアクセスを既に所有していると共にこのような戦略的ネットワークにより、Hatchworks はすでに、ポートフォリオ構築プロセスを様々な投資段階での公開取引だけでなく、Weengs のような VC タイプのシンジケート取引でも開始しました。また、個⼈投資家が知っておくべき取引にアクセスするための新しい⽅法を導⼊する Hatchnet(アルファ版は www.hatchworksvc.com で⼊⼿可能)を完成させました。Hatchworks は現在、ポートフォリオ構築プロセスを拡⼤し、商⽤版の Hatchnet を消費者向けに⽴ち上げ、平均的な⼈たちが新興企業にアクセスできるようにする⼀連の資⾦(「Hutchfunds」と呼ばれる)を⽣み出すために、5,000 万ドルの資⾦を求めています。

それを実⾏するために、Hatchworks は HATCHTOKEN と呼ばれる ERC-20 デジタルユーティリティトークンを発⾏しています。このユーティリティトークンは、Hatchnetへの基本的で優れたアクセスを⼀般投資家に提供し、投資の成功の可能性を劇的に⾼める事を⽬的とすると共に、後に概説する独⾃の実⽤的範囲を拡⼤させます。

チーム すべてを見る

Eric Wong
Eric Wong
Investment Committee Member at Hatchworksvc
Jaap Spreeuwenberg
Jaap Spreeuwenberg
Ho Kiang San
Ho Kiang San
Ian Buck
Ian Buck
Head of Investor & Affiliate Relations at Spectre.ai, and Investment Committee member at Hatchworks
Kartik Swaminathan
Kartik Swaminathan
Kay Khemani
Kay Khemani
Director at Neuchatel Ltd, Investment Committee Member

人気STO/ICO記事

  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )