INDX Capital - マスターノード投資ファンド

INDXは、世界有数のトークン化マスターノード投資ファンドです。 INDXトークンを所有して、通常の受動的所得を受け取ってください。 INDXは独自の技術を活用してマスターノードの利益を生み出し、純利回りの50%がトークン保有者への四半期配当として分配されます。 残りの50%は、取引所でトークンNAVを拡大するためにポートフォリオに再投資されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INDX
開始日時
2019-06-01
終了日時
2019-06-30
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.3000 USD
トークン供給数
49,998,000
公式サイトへ Owner of INDX Capital?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプSRC-20
参加可能通貨BTC, ETH, FIAT
供給率83.33%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

INDXは、世界有数のトークン化マスターノード投資ファンドです。 INDXトークンを所有して、通常の受動的所得を受け取ってください。 INDXは独自の技術を活用してマスターノードの利益を生み出し、純利回りの50%がトークン保有者への四半期配当として分配されます。 残りの50%は、取引所でトークンNAVを拡大するためにポートフォリオに再投資されます。

  • INDX独自のアルゴリズムは、600を超えるマスターノードネットワークの市場をスキャンし、最高のパフォーマンスを発揮するマスターノードのリスク管理ポートフォリオを選択します。
  • INDXプラットフォームは安全にスピンアップしてマスターノードをホストし、同時に報酬を集めます。
  • INDXヘッジはAUMをフラッシュ市場の暴落から保護します。
  • INDXダッシュボードは、投資家にポートフォリオの透明性、資金の運用状況および未払配当金を提供します。
  • INDXモデルは、ボラティリティと減価償却を抑制しながら、上昇サイクルですべての利益を獲得します。    5年間のROI予測では、ファンドの成長は2,800万ドルを超え、配当金の分配は1,500万ドルを超えます。コインベースカストディは、資金を集めるために使用され、ロンドンのロイズによって保険をかけられます。 INDXは資産に裏付けされた、規制に準拠したセキュリティトークンであり、投資家にゼロの退会料金で流動性を与え、取引所で取引可能です。受賞歴のあるセキュリティトークンオファリング(STO)であるINDXは、機関投資家と20万人近くの登録投資家のグローバルコミュニティを魅了しています。

チーム すべてを見る

Jonathan DeCarteret
Jonathan DeCarteret
CEO
Gareth Ward
Gareth Ward
CRD
Rayyan Fathallah
Rayyan Fathallah
CIO
Artur Grabowski
Artur Grabowski
CTO
Jason Suttie
Jason Suttie
CMO
Sam Wilkinson
Sam Wilkinson
Strategic Partnerships

人気STO/ICO記事

  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7