Smart Investment Fund - スマートブロックチェーン取引と管理投資ポートフォリオ

Smart Volume Analysis(Smart VSA)と呼ばれる独占的な金融取引手法を使用してブロックチェーン資産を取引する新しい高利回り配当ファンド。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SIFT
開始日時
2017-08-01
終了日時
2017-09-15
調達金額
$1,728,440
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Smart Investment Fund?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

smart investment fund token(SIFT)は、スマート・ボリューム分析(Smart VSA)と呼ばれる金融取引手法を使用してブロックチェーン資産を交換し、配当と資産価値の上昇を通じて投資家に年間40%のROI(投資した資本に対して得られた利益)を目指す新しい高利回り配当ファンドです。 Smart VSAは、Volume Analysis(出来高分析)とAI(人工知能)によって行われていますが、これらのアルゴリズムは、10年以上外国為替取引で使われていたり、コモディティ取引で毎日1500人以上のトレーダーに提供されていたものです。このAIアルゴリズムや取引手法は仮想通貨資産に対して成果をあげられるように改良を加えられています。

SIFTは、顧客にとって最もリスクが小さくなるように、またブロックチェーン資産を守るように設計されています。取引に用いられていない全ての資産は、USD(ドル)、EUR(ユーロ)、GBP(ポンド)のまま保管されます。運用会社(SIFT開発元)の資産は、外部監査を受け、またブロックチェーン上に記載されます。

運用方法については、投資家に与えられる投票権によって決定されます。

低減されたリスク

Smart investment fundはブロックチェーンの価格変動によって利益を得ますが、SIFT自体の価格が変動することは避けたいと思っています。また、SIFTでは、金曜日午後から月曜午前中まで全ての資産をfiat(USDなどの法定通貨)に都度換金する予定であり、あらかじめ決めておいた取引時間、独自の売買シグナルによる取引、取引前のAI分析実行、取引規定などを遵守することで、投資家の資産を守ります。

投票権

全ての投資家はSIFT保有量に応じて投票権を得ることができ(1SIFT=1票)、投資ポートフォリオに組み立て方等の議題に対して投票を行うことができます。投票はEthereum walletかまたはSIFT Windows アプリケーションから実行することができます。

取引詳細

日々の取引通貨ペアおよび取引量はSIFTの公式HP内からダウンロード可能です。これまでは、ディーラーがいる間しか取引を行っていませんでしたが、通貨の価格変動が大きい時間帯はディーラーがいない時間であることが多かったため、2018年4月以降は自動取引システムを導入する予定です。

配当

配当は、所持トークン数に応じて月ごとに分配されます(2018年3月分では、1SIFTあたり0.592セント)。月例取引レポートは、SIFTの公式HPからダウンロード可能であり、詳細な取引量や月間ROI(2018年3月分では0.56%)、今後の戦略や見通しなどが記載されています。

チーム

James May
James May
Trade Systems. Chart and Volatility Analysis
Guy Powell
Guy Powell
Chief Technology Officer

人気STO/ICO記事

  • 一目で丸わかり!仮想通貨取引所ランキング |手数料徹底比較

    ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料 ★★★★☆ 取引所 : Maker:-0.01%、Taker:0.05% ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日 ★★★☆☆ レバレッジ(ショート) : 0.04%/日★★★★★ 送金(btc) : 無料 ★★★★★ 送金(主要アルト) : 無料 ★★★★★ 日本円入金 : 無料 ★★★★★ 日本円出金 : 無料    ーーーーー 取引所 : ー ★★★★☆ 販売所(スプレッド) : 低め ★★★☆☆ レバレッジ(ロング) : 0.04%/日
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ