MPCX - デジタル資産管理プラットフォーム

MPCXは、革新的な暗号投資家向けのデジタル暗号資産管理ブロックチェーン主導の金融サービスプラットフォームです。 MPCXのユニークな製品は、Investable Crypto IndicesやDigital Smart Investment Mandateなどのお客様に合わせて設計されています。 MPCXでは、私たちは全体論的アプローチを適用します。 すべての暗号サービスを1か所に集約し、デジタル資産管理、暗号通貨の交換と取引、デジタルバンキングのためのブロックチェーンソリューションを社内で作成し、それから私たちの専門知識を従来の資産のないクラスに拡大します。 革新的な投資家の暗号資産ポートフォリオを管理するために、Digital Crypto Wealth管理プラットフォームから始めることにしました。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
XDMC
開始日時
2019-04-26
最低目標
1,000 ETH
最高目標
12,500 ETH
トークン供給数
224,502,081
公式サイトへ Owner of MPCX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率22.45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MPCXはデジタルブロックチェーン駆動の金融サービスプラットフォームです。私たちの長期的な目標は、すべての暗号金融サービスを一箇所に集めることです。 MPCXは、デジタル資産管理、暗号通貨の交換と取引、デジタルバンキング、暗号研究とICOの促進、および暗号貸付の分野で、企業と個人のニーズに応えるように設計されています。

短期的には、MPCXは革新的な投資家の暗号資産ポートフォリオを管理するためのブロックチェーン駆動型分散型エコシステムを作成します。サービスに対する非常に大きな需要と非常に限られた財務管理ソリューションを伴う現在の市場の状況に基づいて、我々は市場機会にサービスを提供するためにMPCXプラットフォームを作成することにしました。

MPCXプラットフォームの開発の第3段階の終わりに、私たちはフル機能のエコシステムを作成します。私たちの解決策はイーサリアムブロックチェーンに基づいており、銀行と資産管理の状況を大きく混乱させる可能性があります。完全にデジタルのソリューションは、大量および大量の富裕層からのクライアントが初めて高品質の暗号取引および資産管理サービスを受けることを可能にします。

このプラットフォームは、次のすべての暗号サービスを1か所で利用できるようにします。

  • コストを削減し、クライアントにフレンドリーなサービスを提供するための完全デジタルクライアントオンボーディング。
  • 時価総額によるトップ100の暗号通貨のための*デジタル暗号通貨の交換。
  • 暗号支払い、取引および銀行ソリューション。
  • 顧客の資金を安全に保管するための保管およびウォレットソリューション。
  • 3つの暗号投資可能指数、暗号AIファンド、暗号ETNとICO。
  • MPCX Trading Solutionsは、製品プラットフォーム、裁定取引システム、取引端末、およびレポートへのフルアクセスを提供します。
  • デジタル資産管理プラットフォームは、自動ポートフォリオ再調整、暗号貸付戦略および報告を提供する「デジタルスマート投資マンデート」を通じてロボットアドバイザリを提供します。
  • MPCXのICO推進および研究プラットフォームは、業界全体をカバーするICOへの2つのレベルのアクセスを提供します。
  • MPCXの暗号貸付プラットフォームには、借り手の得点付けおよび貸し手とのマッチングローンが含まれます。

MPCXは競争上の優位性、そのチームおよび創設者の45年以上の経験、専門知識、および財務における顧客との関係を活用し、顧客に合わせた独自の製品を提供することができます。

チーム すべてを見る

Iurii Riabykin
Iurii Riabykin
Founder & CEO
Phil Millo
Phil Millo
Founder
Alex Kozak
Alex Kozak
CLO & Co-founder
Sadek Ferdous
Sadek Ferdous
Chief Technical Advisor
Amy Orivel
Amy Orivel
Compliance
Andrew Shishkin
Andrew Shishkin
Head of Development

人気STO/ICO記事

  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7