MPCX - デジタル資産管理プラットフォーム

MPCXは、革新的な暗号投資家向けのデジタル暗号資産管理ブロックチェーン主導の金融サービスプラットフォームです。 MPCXのユニークな製品は、Investable Crypto IndicesやDigital Smart Investment Mandateなどのお客様に合わせて設計されています。 MPCXでは、私たちは全体論的アプローチを適用します。 すべての暗号サービスを1か所に集約し、デジタル資産管理、暗号通貨の交換と取引、デジタルバンキングのためのブロックチェーンソリューションを社内で作成し、それから私たちの専門知識を従来の資産のないクラスに拡大します。 革新的な投資家の暗号資産ポートフォリオを管理するために、Digital Crypto Wealth管理プラットフォームから始めることにしました。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
XDMC
開始日時
2019-04-26
最低目標
1,000 ETH
最高目標
12,500 ETH
トークン供給数
224,502,081
公式サイトへ Owner of MPCX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率22.45%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MPCXはデジタルブロックチェーン駆動の金融サービスプラットフォームです。私たちの長期的な目標は、すべての暗号金融サービスを一箇所に集めることです。 MPCXは、デジタル資産管理、暗号通貨の交換と取引、デジタルバンキング、暗号研究とICOの促進、および暗号貸付の分野で、企業と個人のニーズに応えるように設計されています。

短期的には、MPCXは革新的な投資家の暗号資産ポートフォリオを管理するためのブロックチェーン駆動型分散型エコシステムを作成します。サービスに対する非常に大きな需要と非常に限られた財務管理ソリューションを伴う現在の市場の状況に基づいて、我々は市場機会にサービスを提供するためにMPCXプラットフォームを作成することにしました。

MPCXプラットフォームの開発の第3段階の終わりに、私たちはフル機能のエコシステムを作成します。私たちの解決策はイーサリアムブロックチェーンに基づいており、銀行と資産管理の状況を大きく混乱させる可能性があります。完全にデジタルのソリューションは、大量および大量の富裕層からのクライアントが初めて高品質の暗号取引および資産管理サービスを受けることを可能にします。

このプラットフォームは、次のすべての暗号サービスを1か所で利用できるようにします。

  • コストを削減し、クライアントにフレンドリーなサービスを提供するための完全デジタルクライアントオンボーディング。
  • 時価総額によるトップ100の暗号通貨のための*デジタル暗号通貨の交換。
  • 暗号支払い、取引および銀行ソリューション。
  • 顧客の資金を安全に保管するための保管およびウォレットソリューション。
  • 3つの暗号投資可能指数、暗号AIファンド、暗号ETNとICO。
  • MPCX Trading Solutionsは、製品プラットフォーム、裁定取引システム、取引端末、およびレポートへのフルアクセスを提供します。
  • デジタル資産管理プラットフォームは、自動ポートフォリオ再調整、暗号貸付戦略および報告を提供する「デジタルスマート投資マンデート」を通じてロボットアドバイザリを提供します。
  • MPCXのICO推進および研究プラットフォームは、業界全体をカバーするICOへの2つのレベルのアクセスを提供します。
  • MPCXの暗号貸付プラットフォームには、借り手の得点付けおよび貸し手とのマッチングローンが含まれます。

MPCXは競争上の優位性、そのチームおよび創設者の45年以上の経験、専門知識、および財務における顧客との関係を活用し、顧客に合わせた独自の製品を提供することができます。

チーム すべてを見る

Iurii Riabykin
Iurii Riabykin
Founder & CEO
Phil Millo
Phil Millo
Founder
Alex Kozak
Alex Kozak
CLO & Co-founder
Sadek Ferdous
Sadek Ferdous
Chief Technical Advisor
Amy Orivel
Amy Orivel
Compliance
Andrew Shishkin
Andrew Shishkin
Head of Development

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32