INDX Capital - マスターノード投資ファンド

INDXは、世界有数のトークン化マスターノード投資ファンドです。 INDXトークンを所有して、通常の受動的所得を受け取ってください。 INDXは独自の技術を活用してマスターノードの利益を生み出し、純利回りの50%がトークン保有者への四半期配当として分配されます。 残りの50%は、取引所でトークンNAVを拡大するためにポートフォリオに再投資されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
INDX
開始日時
2019-06-01
終了日時
2019-06-30
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
0.3000 USD
トークン供給数
49,998,000
公式サイトへ Owner of INDX Capital?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプSRC-20
参加可能通貨BTC, ETH, FIAT
供給率83.33%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

INDXは、世界有数のトークン化マスターノード投資ファンドです。 INDXトークンを所有して、通常の受動的所得を受け取ってください。 INDXは独自の技術を活用してマスターノードの利益を生み出し、純利回りの50%がトークン保有者への四半期配当として分配されます。 残りの50%は、取引所でトークンNAVを拡大するためにポートフォリオに再投資されます。

  • INDX独自のアルゴリズムは、600を超えるマスターノードネットワークの市場をスキャンし、最高のパフォーマンスを発揮するマスターノードのリスク管理ポートフォリオを選択します。
  • INDXプラットフォームは安全にスピンアップしてマスターノードをホストし、同時に報酬を集めます。
  • INDXヘッジはAUMをフラッシュ市場の暴落から保護します。
  • INDXダッシュボードは、投資家にポートフォリオの透明性、資金の運用状況および未払配当金を提供します。
  • INDXモデルは、ボラティリティと減価償却を抑制しながら、上昇サイクルですべての利益を獲得します。    5年間のROI予測では、ファンドの成長は2,800万ドルを超え、配当金の分配は1,500万ドルを超えます。コインベースカストディは、資金を集めるために使用され、ロンドンのロイズによって保険をかけられます。 INDXは資産に裏付けされた、規制に準拠したセキュリティトークンであり、投資家にゼロの退会料金で流動性を与え、取引所で取引可能です。受賞歴のあるセキュリティトークンオファリング(STO)であるINDXは、機関投資家と20万人近くの登録投資家のグローバルコミュニティを魅了しています。

チーム すべてを見る

Jonathan DeCarteret
Jonathan DeCarteret
CEO
Gareth Ward
Gareth Ward
CRD
Rayyan Fathallah
Rayyan Fathallah
CIO
Artur Grabowski
Artur Grabowski
CTO
Jason Suttie
Jason Suttie
CMO
Sam Wilkinson
Sam Wilkinson
Strategic Partnerships

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常