Corl - 現代的な投資オプション

Corl Financial Technologies Inc.(Corl)はCorl Token(CORL)を立ち上げています。 CORLは、潜在的な早期収益企業に収益分配型ファイナンスを提供する企業における株式所有を表す世界初のトークンです。 市場の伝統的なトークンとは異なり、CORLは、Corlの将来の収益に基づいて、投資家がEther(ETH)の形で四半期配当金を受け取る利益分配モデルに基づいています。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
CRL
最高目標
49,500,000 USD
初回価格
1 CRL = 0.15 USD
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Corl?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, USD
供給率39%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Corl Financial Technologies社は、技術と収益に基づく革新的な資金調達戦略を使用して、起業家と投資家に力を与えることを目指しています。Corlは、十分に活用されていない革新的な投資構造を市場に提供することで、起業家や投資家の戦略的および財務的目標を達成するための創始者フレンドリーな成長資本を提供します。当社の哲学はシンプルであり、起業家は、自社のペースで、自らの条件で、Capital-as-a-Service(CaaS)を通じ、企業を成功裏に成長させるために必要な資本にアクセスする必要があります。Corlでは、起業家と投資家の利益が一致したとき、真の成長が始まることを知っています。設立以来、同社は有名なニュースアウトレット、ブログの注目を集めており、2017年にはCorv(以前のSeedlify)がTechvibesにより、カナダで最も注目され、最も有望な金融テクノロジー企業の1つとして説明されました。 Corlは技術、財務、規制、ブロックチェーン、貸付、リスク、投資管理の分野の専門知識を持つ経験豊富なチームによって管理されています。

チーム

Sam Kawtharani
Sam Kawtharani
Chief Executive Officer
Derek Manuge
Derek Manuge
Chief Investment Officer (CIO)

人気STO/ICO記事

  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • LTC、ダスティング攻撃・・被害を受けたウォレットは約30万個と推測

    暗号資産メディアCointelegraphはブロックチェーン・データ分析企業GlassnodeのTwitterを引用し、「先日(9日)、バイナンスが時価総額5位のライトコイン(LTC)、50個のウォレットを対象に『ダスティング攻撃』があった」と発表したが、実際に被害を受けたのは29万4582アドレスであると報道した。<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ko"><p lang="en" dir="ltr">The recent  dusting attack on  affected 294,582 addresses. During o
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ