SISA - 重要な分野への戦略的投資

Strategic Investments in Significant Areas(SISA)は、個人投資家がプールされた基金に参加して、多様な分野の興味深い新しいプロジェクトに戦略的投資を行うことを可能にするユニークなビジネスモデルを基盤にしています。 各トークンは、四半期中にファンドによって生み出された利益の比例分を償還する権利を所有者に付与します。 ファンドは2018年第1四半期から四半期ごとに配当を支払う予定です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SISA
開始日時
2017-10-20
終了日時
2017-11-20
初回価格
1 ETH = 1785-2231.25 SISA
トークン供給数
50,000
公式サイトへ Owner of SISA?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - 50%
  • Day 1 - 25%
  • Day 2-7 - 15%
  • Week 2 - 10%
  • Week 3 - 5%

概要

SISAの使命は、進入障壁が低く分散型で民主的な管理メカニズムを備えた、分散したプール型投資車両を提供することです。 イーサリアムブロックチェーンを利用することにより、ERC20準拠のトークンをすべての投資家に発行し、安全な配当とファンドの利益配分を保証します。 SISAは、プールされた投資のための資金を調達するためのプラットフォームであるだけでなく、新しいイノベーションのアイデアを選定、評価、および選択するプラットフォームです。このようにして、投資家と投資希望者は共通のプラットフォームを介して共同作業を行うことができます。

SISAプラットフォームには、所有権に相当する議決権を持つすべてのトークン所有者が利用できるvoAngシステムが含まれています。新しいプロジェクトはそれぞれ、トークン所有者に提案されます。ファンドがプロジェクトに投資するかどうかは、SISA保有者の意見によって完全に決定されます。このシステムは、暗号基金の透明性政策の基準を設定し、SISAトークン所有者が投資を受けるプロジェクトを選択する権限を行使することを可能にします。 SISAはまた、各フィールドのトップ・エキスパートを採用して、各提案の見通しを検討するために、調査および分析サービスをトークン・ホルダーに提供する予定です。この分析は、トークン所有者が決定を下すにつれて利用可能になります。

我々は、プロジェクトの分散性を損なうことなく、堅牢な議論と情報ベースの意思決定メカニズムを作り出すことを目指しています。 SISAはブロックチェーン関連のプロジェクトに投資し、世界中の伝統的なビジネスに戦略的な投資を行います。 SISAチームは、インドや中国などの新興国におけるインフラ・プロジェクトの主要な資金拠出格差を認識しています。

両社は現在、短期、中期および長期の投資を必要とする主要インフラプロジェクトを計画しています。例えば、中国はシルクルートを再建しており、それ自体は数億ドル規模のプロジェクトであります。インドは、スマートシティ、巨大水力発電プロジェクト、太陽光発電所などを近い将来に構築しています。

チーム

Immaneul Brately
Immaneul Brately
CEO & Founder
Sunil Anthony
Sunil Anthony
CTO & Founder
Mycherla
Mycherla
Business development Manager
David Anderson
David Anderson
Blockchain Developer
Max Rafat
Max Rafat
Full stack Web Designer
Nick
Nick
Editor

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人