CBNT - 一緒のニュース速報をつくろう

CBNTは、ブロックチェーン技術とDPGC(地方分権プロデュースコンテンツ)の生態系モデルに基づいた、分散型のプロフェッショナルコンテンツ共有コミュニティです。 最初は、ブロックチェーンと専門的な財務投資の内容に焦点を当てます。 CBNTは、コンテンツ/記事提供者、コンテンツ読者(視聴者)、広告出版社、トークン保有者など、すべての参加者にウィンウィンのエコシステムを構築します。 CBNTコミュニティでは、コンテンツ制作者でもコンテンツ視聴者でも、両者はトークン「マイニング報奨金」を受け取ることができます。 CBNTが成長しトラフィックが増加すると、多数の広告のすべての利益もすべての参加者に分配されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CBNT
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-30
トークン供給数
6,000,000,000
公式サイトへ Owner of CBNT?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率60 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

コンテンツの作成

読者がコンテンツが好きなら、コンテンツクリエイターにトークンを与えます。 コンテンツランクが高いほど、クリエイターが獲得するトークンが多くなります。

コンテンツコミュニケーション

読者は投票して高品質の記事を共有することができ、記事の利点は、ユーザーの貢献度に基づいて配信されます。

有料Q&A

価値の高い情報は、ビジネス界の機会と同じです。貴重な情報を質問者に伝えることで、より多くの利益をもたらすことができます。

広告の収益化

従来の広告モデルを変更します。 広告主は広告を発行するためにトークンを支払い、広告料はファンの貢献度に基づいて配られます。

チーム すべてを見る

Chris Chen
Chris Chen
CEO
Khantto Wang
Khantto Wang
CTO
REG Zhang
REG Zhang
COO
RAY Lei
RAY Lei
CMO
Mesen Feng
Mesen Feng
Senior Developer
Shawn Ma
Shawn Ma
Product Director

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予