CBNT - 一緒のニュース速報をつくろう

CBNTは、ブロックチェーン技術とDPGC(地方分権プロデュースコンテンツ)の生態系モデルに基づいた、分散型のプロフェッショナルコンテンツ共有コミュニティです。 最初は、ブロックチェーンと専門的な財務投資の内容に焦点を当てます。 CBNTは、コンテンツ/記事提供者、コンテンツ読者(視聴者)、広告出版社、トークン保有者など、すべての参加者にウィンウィンのエコシステムを構築します。 CBNTコミュニティでは、コンテンツ制作者でもコンテンツ視聴者でも、両者はトークン「マイニング報奨金」を受け取ることができます。 CBNTが成長しトラフィックが増加すると、多数の広告のすべての利益もすべての参加者に分配されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CBNT
開始日時
2018-11-01
終了日時
2018-11-30
トークン供給数
6,000,000,000
公式サイトへ Owner of CBNT?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率60 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

コンテンツの作成

読者がコンテンツが好きなら、コンテンツクリエイターにトークンを与えます。 コンテンツランクが高いほど、クリエイターが獲得するトークンが多くなります。

コンテンツコミュニケーション

読者は投票して高品質の記事を共有することができ、記事の利点は、ユーザーの貢献度に基づいて配信されます。

有料Q&A

価値の高い情報は、ビジネス界の機会と同じです。貴重な情報を質問者に伝えることで、より多くの利益をもたらすことができます。

広告の収益化

従来の広告モデルを変更します。 広告主は広告を発行するためにトークンを支払い、広告料はファンの貢献度に基づいて配られます。

チーム すべてを見る

Chris Chen
Chris Chen
CEO
Khantto Wang
Khantto Wang
CTO
REG Zhang
REG Zhang
COO
RAY Lei
RAY Lei
CMO
Mesen Feng
Mesen Feng
Senior Developer
Shawn Ma
Shawn Ma
Product Director

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし