Contentos - 非中央集権型グローバルコンテンツエコシステム

Contentos はブロックチェーンを基にする脱中心化コンテンツプロトコルであり、その目標はブロックチェーンと分散型データ管理を通じて、脱中央集権的なグローバルコンテンツインセンティブと配信システムを構築することである。このプロトコルを利用すれば、クリエイターは集権的プラットフォームに依存することなく作品を配信し、収益を得ることができる。また、消費者と広告業者へ直接繋がることができ、自由な創作、保存、配信することが可能となる。分散型プラットフォームの実現により、価値が正当に評価され、価格が透明性を持ち、大衆が収益を得て、多様性が共栄するシステムを実現する。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
COS
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-11-30
最低目標
20,000 ETH
最高目標
30,000 ETH
初回価格
1 COS = 0.016 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Contentos?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Contentos チームはブロックチェーン技術を利用し、誰もが創作(コンテンツの作成)を通じて自分のデジタル軌跡を永久に記録することができることを目指しており、分散型システムを用いてコンテンツがウェブサイトの閉鎖などによって消えることのないように確保し、同時に、個々の創作に得るべき価値を与える。親が子供の成長を共有することでも、スーパーアイドルの数千万単位のアクセス量を持つ映画でも、コンテンツの創作者は中央集権化されたプラットフォームを通じて配信し収益を獲得する必要がなく、直接消費者と広告業者へアクセスでき、自由にコンテンツを創作、保存、配信できます。スマートコントラクトもコンテンツの版権取引をもっと安全で、便利にしました。人々を自由市場経済へ参入するよう導くポイントは、全員の貢献を公平に反映するメカニズムを提供することであります。Contentosは一つの脱中央集権化のグローバルデジタルコンテンツエコロジーを構築し、コンテンツ創作領域において貢献量の価格決定と収益分配のシステムを整えることにより、創作者、消費者およびエコロジー建設者、すべてにインセンティブを与えることを望んでいます。コンテンツ消費者はコンテンツのプロモーション配信、コメントとエコロジーの運営に対して貢献することでアルゴリズムに基䛵いて報酬が得られ、それによって大量なロングテールユーザーをエコロジー内の積極的な貢献者へと変えることができます。

改竄不可な信用システムはコンテンツ収益分配メカニズムの重要な基礎であり、ユーザーの積極的で誠実な行為をインセンティブ化し、もっと高い信用を得ることにより高いインセンティブを与えます。逆に、あらゆるコミュニティの価値観を反する行為も懲罰され、永遠にブロックチェーンに記録されます。

Contentos は世界で最も幅広いデジタルコンテンツパブリックチェーンを構築し、世界中のコンテンツ価値を統一させようとしており、どんなところにいても、世界中の創作者がもたらす価値向上を共有する場を与えます。

Contentosは将来のコンテンツパブリックチェーンのイーサリアムになることを目指しています。コンテンツの作成、キュレーション、配信、保存、検証はすべてCOSトークンで行われます。これは、Contentosエコシステムを推進する独自の暗号通貨です。

Contentosはより良いコンテンツエコシステムを構築することに力を尽くす

個から個への利益分配

非中央集権型の利益分配は、すべての価格・価値がオープンであり、ユーザーは直接利益を得られる

非中央集権型の通信量分配

ユーザーが適切な宣伝やコンテンツシェアを行うようにエコシステムへのインセンティブ還元などを行う

追跡可能な財産権履歴

ブロックチェーンによってデジタルコンテンツの著作権、デポジット、取引、分配などを実現する

改ざん不可な信用システム

インタラクティブな行為で得られる信用は、ユーザーの長期的信頼度に反映される

Contentosが提供するインフラストラクチャ

分散型デジタルコンテンツシステム

Contentosは、ブロックチェーンをベースとした分散型コンテンツプロトコルであり、その目的は、ブロックチェーン技術と分散ストレージによって、分散型のグローバルコンテンツインセンティブおよび配信システムを構築することです。このプロトコルにより、生産者は集中型プラットフォームチャネルを通じて利益を分配する必要性を排除することができます。代わりに、デジタルコンテンツを自由に作成、保存、配布して、消費者や広告主に直接届けることができます。 これは、価値が公正に測れ、価格がオープンで透明であるという状況をもたらします。 Contentosエコシステムには、コンテンツの配布、著作権の登録、作成者の認証、およびいいね、共有、コメントなどのソーシャル機能のためのシステムが含まれます。

取引と金融システム

COSは、積極的な貢献に報い、ネットワーク内のサービスに支払うために使用されるContentosのエコシステム内暗号通貨です。 スマートコントラクトは、第三者の仲介者の参加なしで自動的に取引支払いと報酬の分配を実行します。

ソーシャルネットワーク

Contentosは、全員をつなぎ、社交の力でコミュニケーションを広げ、報酬の使用、収入の分配、およびコンテンツパートナーの紹介などユーザーのつながりを実現するソーシャルネットワークを提供します。

Contentosの価値観

Contentosシステムでは、以下のコア価値観が一貫としています。

  • オープンで透明な価格設定、すべての当事者に利益をもたらす
  • コンテンツ制作者がコンテンツの基本的な所有権を持つ
  • コンテンツ作成者は、優先収入の権利を保有
  • あらゆる形態の貢献は定量化可能な利益を受け取るべきです
  • ユーザーはコンテンツを提供できるだけでなく、コンテンツの宣伝と配信、スクリーニングとレビュー、そしてシステムの運用にも時間と労力を費やすことができます。 ユーザーの参与レベルに応じて、規則と公式に従って計算された報酬が得られます。 受動的なターゲットオーディエンスは、システム内で積極的な貢献者に変わります。
  • すべての収益はユーザーの評判に関連しています
  • Contentosの基本的な目的は人々に貢献することです。

Contentosは非営利団体によって運営されている分散システムであり、その基本的な目的はコンテンツ制作者とシステム参加者の価値を最大化することであり、参加者全員がエコシステムそのものの繁栄から恩恵を受けます。 そして成長します。

ブロックチェーンに基づくユニークなコンテンツ制作ビジネスモデル

  • スマートコンテンツ広告モデル:作成者と広告主は、スマートコントラクトを通じて本当に利益をもらえます。広告主は、実際の視聴およびインタラクションデータに従ってスマート契約を通じて作成者に自動的に支払うことができ、制作者はまた、仕事が予想される成功を超える場合、スマート契約を通じて追加のインセンティブ分割を設定できることに同意することができる。

  • 付加価値モード:報酬は、購読、寄付、またはバーチャルギフトによってクリエイターに支払うために使用されます。ブロックチェーンやスマートコントラクトを通じたクリエイターとファンの間での直接的な価値交換(購読や寄付に対して独占的かつ固定数の見解を作成するなど)。集中型プラットフォームの悪用を心配する必要はもうありません。 。

  • コンテンツ販売モデル:コンテンツ販売、たとえば音楽制作者は、購入して合法的に使用するために15秒のサウンドトラックを映画制作者に投稿することができます。あるいは、映画制作者がサウンドトラックの需要を解放し、音楽制作者が入札することを可能にし、将来的には、著作権の共有は賢い契約によって共有される可能性がある。すべてのクリエイターがあなたに合ったユニークな価値を見つけることができるように、すべてがオープンで透明です。

ロードマップ

2019/05

グローバルクリエイターの膨大なコレクションを成長させ続ける

統合アプリと開発テストネットに基づいて:

  • グローバルクリエイターを引き付ける/採用する
  • CET関連の機能開発

2019/09

魅力的で繁栄しているデジタルコンテンツエコシステム

  • Contentos production net v1.0を起動
  • アプリの構築と開発をサポート
  • 主要デジタルコンテンツプラットフォームを徐々に適応させる

デザインコンセプト

  1. Contentosは、個人用デジタルトークン資産の配布をサポートしています。すべてのユーザーは、共有とコラボレーションを促進するために独自のインセンティブシステムをカスタマイズできます。

  2. Contentosチームは研究jと開発のためのクロスリンクメカニズムを設計します。現在、多くの分散型コンテンツコミュニティが独自のエコシステムを維持しています。 Contentosチームは、すべてのエコシステムを1つにまとめ、すべてのコンテンツコミュニティが相互運用できるようにすることに専念しています。

  3. Contentosは、メインチェーン上のメカニズムを維持しながら、インターブロックチェーンテクノロジをサイドチェーンで操作します。

  4. 現在のところ、全体のブロックチェーン容量はストリーミングビデオ関連の処理には適しておらず、単純なデータ保存しかできません。したがって、根本的なContentosブロックチェーンは、データが実際にブロックに格納されるように、IPFS関連の機能と統合されます。

  5. Contentosパブリックブロックチェーンを利用する個人、チーム、および企業のための分散型デジタルコンテンツコミュニティにより、Contentosは開発者にContentosパブリックチェーンのためのアプリ開発へのオープンアクセスを提供し、堅牢な3次元エコシステムを構築します。

核心特徴

  1. 本人認証:すべてのユーザーの本人情報はパブリックチェーンに記録され、すべてのユーザーの信頼性レベルは透明的です。 本人認証は、Contentosパブリックチェーン上に構築されたすべてのコンテンツコミュニティおよび製品にまたがることができます。コミュニティまたは製品が廃止されても、認証されたIDは消えません。

  2. コンテンツの著作権:Contentosのパブリックチェーンは、各作成の生成時間とトランザクション時間を完全に記録しています。どのコミュニティユーザーも、Contentosオープン照会インターフェースを介して、所有権とすべての作成物のトランザクション・レコードをを照会することができます。

  3. ユーザ信用度:ユーザー信用度システムは、ユーザーが受け取ったすべての評価情報をContentosパブリックチェーンに記録します。評価情報とそれに関連するユーザーの識別情報は、Contentosパブリックチェーンに永続的かつ不可逆的に保存され、それによってすべてのユーザーの行動に対する説明責任を持ちます。

  4. スマートコントラクト:パブリックチェーンは、CVM(Contentos Virtual Machine)で実行されるスマートコントラクトメカニズムをサポートします。

  5. ストレージメカニズム:テクノロジーが成熟するにつれて、Contentosパブリックブロックチェーンは、COS(ネイティブトークン)が支払われた後に特定のフォーマットでコンテンツを直接保存することで、上位層のコミュニティ/製品開発も選択的にサポートします。

COS

発行

プライベートセールスラウンドは30%を占め、投資家とコンサルタントの間で分配されます。 資金準備金は10%、創設チームは15%に指定されています。 40%は生態系の運営と利用者の報酬に割り当てられ、残りの5%はコミュニティの協調的活動に使われます。

チーム すべてを見る

Chang-Chieh Tsai (Mick Tsai)
Chang-Chieh Tsai (Mick Tsai)
Co-Founder
Bofei Xu (Andrew Xu)
Bofei Xu (Andrew Xu)
Sr. Director of Business Development
Zac Nien
Zac Nien
Sr. Director of Product Management
Ava Wen
Ava Wen
APAC General Manager
Peter Wei
Peter Wei
VP of Engineering
Charles Fan
Charles Fan
Founder and CEO at MemVerge

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。