Contents Protocol - 分散型プロトコル

コンテンツプロトコルを通じて、コンテンツ配信プラットフォームは、(1)ユーザデータに透明性を提供し、コンテンツプロバイダへの洞察力を提供します。これにより、将来的により良いコンテンツを作成するのに役立つ(2)利用者に彼らの活動と貢献を促し、より活発な消費者になるよう促す

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CPT
開始日時
2018-12-17
終了日時
2018-12-21
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Contents Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちはすべて「コンテンツ」を消費することが好きです。消費するコンテンツは、映画やテレビ番組を見たり、音楽を聞いたり、小説や漫画を読んだりなど、人々の日常生活を豊かにします。コンテンツは私たちの生活のすべての側面に浸透し、さらには当社のコアバリューに影響を与えました。    したがって、私たちは常に「より良い」コンテンツを消費するべきです。    テクノロジーとインターネットの発展に伴い、コンテンツ消費のゲートウェイはコンテンツを消費する「プラットフォーム」に集中しています。プラットフォームに流入する資本が増えるにつれて、コンテンツの作成者(「コンテンツプロバイダ」とも呼ばれます)と消費者は、プラットフォームに大きく依存するしかありませんでした。これにより、コンテンツプロバイダは、消費者との直接的な関係や交流を失うことになりました。プラットフォーム上に蓄積された貴重な「データ」はすべてコンテンツプロバイダーと共有されていないため、将来消費者が本当に望むものを見つけたり、コンテンツプロバイダーがよりよいコンテンツを制作することが難しくなります。    最近では、プラットフォームによっては独自のコンテンツを制作するために「データ」を使用し始めています。また、プラットフォームがコンテンツプロバイダとデータの一部を共有しても、プラットフォームが独自の利益または他の悪意のある目的のためにデータを操作する可能性があるためです。    これらの問題のために、一部のコンテンツプロバイダは既にコンテンツをプラットフォームから引き出し始めており、現在は独自のプラットフォームを作成しようとしています。    また、消費者は、プラットフォーム上に貴重な「データ」を作成することによって、プラットフォームや業界の生態系の成長に大きく貢献しています。しかし、消費者は貢献を一度も払われていないので、レビューを残したり、新しいコンテンツを発見するなど、貢献をする意欲が失われています。    私たちはすべて内容が大好きです。以前も、今も。したがって、私たちは「より良い」コンテンツを消費するべきです。しかし、現在のシステムは、コンテンツプロバイダがより良いコンテンツを作成することが難しくなり、消費者を「アクティブな」消費行動をとることがを防ぎます。    コンテンツプロトコルは、コンテンツエコシステムにおける問題に対処し解決するために生まれました。    コンテンツプロトコルを通じて、「データ」がコンテンツプロバイダーと消費者に新たな価値をもたらすエコシステムを構築します。

チーム すべてを見る

Taehoon Park
Taehoon Park
Co-CEO of Contents Protocol CEO & Co-founder of Watcha
Alex Jihyun Won
Alex Jihyun Won
Co-CEO of Contents Protocol COO & Co-founder of Watcha
Teddy Zee
Teddy Zee
Head of Content Relations
James Lee
James Lee
Head of CP Business
Chloe Chai
Chloe Chai
Global Business Developer
Michelle Jo
Michelle Jo
Global Business Developer

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。