Contents Protocol - 分散型プロトコル

コンテンツプロトコルを通じて、コンテンツ配信プラットフォームは、(1)ユーザデータに透明性を提供し、コンテンツプロバイダへの洞察力を提供します。これにより、将来的により良いコンテンツを作成するのに役立つ(2)利用者に彼らの活動と貢献を促し、より活発な消費者になるよう促す

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CPT
開始日時
2018-12-17
終了日時
2018-12-21
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Contents Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

私たちはすべて「コンテンツ」を消費することが好きです。消費するコンテンツは、映画やテレビ番組を見たり、音楽を聞いたり、小説や漫画を読んだりなど、人々の日常生活を豊かにします。コンテンツは私たちの生活のすべての側面に浸透し、さらには当社のコアバリューに影響を与えました。    したがって、私たちは常に「より良い」コンテンツを消費するべきです。    テクノロジーとインターネットの発展に伴い、コンテンツ消費のゲートウェイはコンテンツを消費する「プラットフォーム」に集中しています。プラットフォームに流入する資本が増えるにつれて、コンテンツの作成者(「コンテンツプロバイダ」とも呼ばれます)と消費者は、プラットフォームに大きく依存するしかありませんでした。これにより、コンテンツプロバイダは、消費者との直接的な関係や交流を失うことになりました。プラットフォーム上に蓄積された貴重な「データ」はすべてコンテンツプロバイダーと共有されていないため、将来消費者が本当に望むものを見つけたり、コンテンツプロバイダーがよりよいコンテンツを制作することが難しくなります。    最近では、プラットフォームによっては独自のコンテンツを制作するために「データ」を使用し始めています。また、プラットフォームがコンテンツプロバイダとデータの一部を共有しても、プラットフォームが独自の利益または他の悪意のある目的のためにデータを操作する可能性があるためです。    これらの問題のために、一部のコンテンツプロバイダは既にコンテンツをプラットフォームから引き出し始めており、現在は独自のプラットフォームを作成しようとしています。    また、消費者は、プラットフォーム上に貴重な「データ」を作成することによって、プラットフォームや業界の生態系の成長に大きく貢献しています。しかし、消費者は貢献を一度も払われていないので、レビューを残したり、新しいコンテンツを発見するなど、貢献をする意欲が失われています。    私たちはすべて内容が大好きです。以前も、今も。したがって、私たちは「より良い」コンテンツを消費するべきです。しかし、現在のシステムは、コンテンツプロバイダがより良いコンテンツを作成することが難しくなり、消費者を「アクティブな」消費行動をとることがを防ぎます。    コンテンツプロトコルは、コンテンツエコシステムにおける問題に対処し解決するために生まれました。    コンテンツプロトコルを通じて、「データ」がコンテンツプロバイダーと消費者に新たな価値をもたらすエコシステムを構築します。

チーム すべてを見る

Taehoon Park
Taehoon Park
Co-CEO of Contents Protocol CEO & Co-founder of Watcha
Alex Jihyun Won
Alex Jihyun Won
Co-CEO of Contents Protocol COO & Co-founder of Watcha
Teddy Zee
Teddy Zee
Head of Content Relations
James Lee
James Lee
Head of CP Business
Chloe Chai
Chloe Chai
Global Business Developer
Michelle Jo
Michelle Jo
Global Business Developer

人気STO/ICO記事

  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • 【コインポインとは】無料でビットコインが貰える|リスクなく暗号資産を運用しよう

    コインポインとはコイン相場が運営するお小遣いサイトです。普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をで利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。ビットコインといえば、2017年4月頃から2017年末のバブル期を彷彿とさせる価格高騰をみせており、改めて注目を集めています。新しいテクノロジーとして投資家から注目されるビットコインですが、まだまだ黎明期であり不安定な市場です。そこで、投資初心者の方にも手軽にリスクなくビットコインに触れて欲しいという想いから、がリリースされました。や、として、まずは気軽に体験してみませんか?の仕組みはアフィリエイト広告で成り立ってい