Let It Play - インターネットのオーディオ層

注目の経済を持つ分散型エコシステムを構築しています。ニュースポータル、コミュニティ、ブロガー、またはウェブサイトは、コンテンツのオーディオ版を作成し、配布し、商品化することができます

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
PLAY
開始日時
2018-04-04
終了日時
2018-06-01
初回価格
1 ETH = 10000 PLAY
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Let It Play?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO, 25 DEC 2017 – 28 FEB 2018 - 30%
  • ICO stage 1,  15 APR 2018 - 20%
  • ICO stage 2,  29 APR 2018 - 10%
  • ICO stage 3,  13 MAY 2018 - 5%

概要

LetItPlayは、注目の経済を持つ分散型エコシステムを作成することで、オーディオの未来のためにインターネットを準備します。コミュニティのブロガーがコンテンツのオーディオバージョンを簡単に作成、配信、収益化することができます。

将来のオーディオでは、視聴者にとって興味深いすべてのウェブサイト、ニュースポータル、またはブログが独自のオーディオバージョンを取得し、さまざまなオーディオインターフェイスを介して視聴者にコンテンツを配信することができます。オーディオの助けを借りて、我々は現代の人々に画面を頼らず情報を消費する機会を与えたいと考えています。1日中数時間は視覚経路が占有されています。車で、公共交通機関で、ジムで、家事をやったり、目覚めた後や就寝前の時間は、オーディオ形式でコンテンツを利用する最適な機会です。

運転中に、世界の出来事に関するお気に入りのサイトやブログ、または友人からのコメントを聞くといいですね。実際、ニュース、記事、分析、ブログなど、インターネットコンテンツの大部分を音声として配信することができます。

しかし、ニュースとして普及しているコンテンツであっても、テキストやビデオの形式で見られる可能性は非常に高く、インターネット上のオーディオコンテンツは第二級の市民です。主な理由は、オーディオコンテンツの制作がコンテンツプロバイダーに直接利益をもたらさず、制作に追加の投資が必要となることです。

LetItPlayはこの問題の解決法を提供します。 LetitPlayは、EOSブロックチェーンテクノロジによってサポートされています。このソリューションの分散的な性質により、視聴者は、リスニング、好き嫌い、コメント、再投稿など、コンテンツに対する消費者の注意を喚起するコンテンツ作成者に報酬を与えるように、真に透明で公正な注意を払うことができます。 Steemがテキストコンテンツに対して行ったことと同様に、LetItPlayはオーディオのために行います。    注目の経済は、コンテンツ制作者にとってオーディオ制作に利益をもたらすでしょう。そしてエコシステムは、コンテンツプロバイダが新しいコンテンツ配信方法や新しい視聴者に到達する機会にアクセスできるようにします。

LetItPlayエコシステムは、コンテンツプロバイダおよび一般消費者だけでなく、ボイスオーバアーティスト、オーディオレコーディングスタジオ、トランスレータ、エディタなどのオーディオコンテンツを制作するために努力しているサービスプロバイダも繋ぎます。   

つまり、ニュースポータルや個人のブロガーは、最低限の費用でオーディオコンテンツを作成して実行する余裕があります。スタジオとボイスオーバーアーティストを選ぶのと同じくらい簡単です。

LetItPlayエコシステムは可能な限りオープンに設計されています。私たちは新しいディストリビューターを積極的に招き、ポッドキャスト、オーディオブック、オーディオガイドなどの新しいアプリケーションを作成するためのあらゆる努力をサポートします。将来、LetItPlayの注意経済は、音楽、ビデオ、ゲーム、さらにはソフトウェアエリアで実現されます。

最後に、エコシステム内の広告主は、消費者の注目が評価され、広告主が直接補償しなければならない注目経済のルールによって再生されます。

内部デジタル通貨Playは、消費者の注意を喚起するためにコンテンツプロバイダに報酬を与えるとともに、すべての生態系参加者間の取引を促進するために使用されるユーティリティトークンとして役立ちます。

チーム すべてを見る

Andrey Durakov
Andrey Durakov
CEO
Kirill Yurkov
Kirill Yurkov
CTO
Grisha Klimov
Grisha Klimov
Web and Cloud Expert
Aleksander Drem
Aleksander Drem
Business Development
Danil Gubaydulin
Danil Gubaydulin
Product Manager
Vadim Kropotin
Vadim Kropotin
Product Manager

人気ICO記事

  • Huobi(フォビ)の「成行注文」はココが違う!注文方法と手順を解説

    Huobi Japanは、世界で展開する大手仮想通貨企業Huobiが2019年1月にオープンした日本の取引所です。(フォビジャパン株式会社、 )Huobi Japanは金融庁に正式に登録されている仮想通貨交換業者で、2013年の本社(Huobi Global)設立以降培ってきた堅牢なセキュリティも特徴です。Huobi(フォビ)の取引プラットフォームには、売買したい価格を入力して注文する「指値(さしね)注文」と、希望価格を入力せずに注文する「成行(なりゆき)注文」の2つがあります。一長一短の注文方法ですが、次のような特徴があります。売買の成立を最優先したいときは成行注文、今より有利な価格で売買
  • ポートフォリオの使い方- 仮想通貨アプリ コイン相場

    いま、どこに、どの通貨を、いくら持っているのか、リアルタイムで確認する事が出来ます。仮想通貨の資産管理は、取引所やウォレットなど、保管場所が複数ある場合、管理が非常に煩わしいです。その点、コイン相場のポートフォリオ機能は便利です。【】・【】あるいは【】しておくと価格変動に合わせた資産をリアルタイムで確認できます。日本円で表示されない海外取引所を利用するときや散らばっている資産の管理がとても簡単にできる機能です。 まずは、仮想通貨ポートフォリオ機能が使えるアプリ、利用している取引所とAPIを連携しておくと全ての取引履歴や資産残高がコイン相場アプリでも自動更新されます。連携方法については
  • 「コイン相場」開発週報 Vol.35 - デモトレ機能を開発しています。コインポインのウェブ版は完成!

    コイン相場やコイン神社をご利用の皆様!いつも私たちのサービスをご利用くださいまして誠にありがとうございます。今年も季節が変わり、いよいよ待っていた10連休!ゴールデンウィークが間もなく始まります。ゴールデンウィーク中の5月1日には年号も新しく変わるので平成時代が終わり"令和"時代に突入ですね。時間の流れはとても早いので、私たちコイン神社チームも皆様に満足いただけるようなサービスを開発し、提供できるように今後も頑張りたいと思います。さて、今週も皆様からフィードバックを貰ったところの修正や新しい機能の開発で毎日忙しく過ごしております。開発の内容は本記事の下からご確認ください。仮想通貨のデモトレ機能