Verasity - 次世代ビデオ共有プラットフォーム

Veracityは、コミュニティ全体の活動に報いる画期的な新しいビデオ共有プラットフォームです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VRA
開始日時
2018-05-01
終了日時
2018-05-31
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
23,700,000 USD
初回価格
1 VRA = 0.01 USD
トークン供給数
2,745,750,000
公式サイトへ Owner of Verasity?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率22%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

オンラインビデオは最も急速に成長しているメディアです。それは2021年までにすべての消費者インターネットトラフィックの82%を占め、市場は3120億ドルの価値があります。しかし、オンラインビデオビジネスモデルは根本的な挑戦されています。

オンラインビデオプラットフォームの登場により、ビデオ制作と消費の両方がこれまで以上に容易になりました。このため、視聴者がデジタルエンターテインメントのためにオンラインに移行するにつれて、コンテンツ制作と消費が大幅に増加しました。しかし、現在の広告モデルでは、FacebookやGoogleなどの企業は、コンテンツの配布や広告の販売を管理することで、2017年に純広告収入の3倍の1918億ドルを手に入れた。

観客はすばやく商品に変わった。プラットフォームと仲介業者が広告収入のかなりの部分を占めた後、クリエイターとパブリッシャーは一定割合の収入を得ています。近年、コンテンツクリエイターやオンライン出版社は、限られた収益しか得られないため、コンテンツに再投資することができないまま、チャネルを維持しようと努力しています。

これらの独占企業がオンラインコンテンツの大部分を支配しているため、マージンを増やしたり、クリエイターの収入を減るアルゴリズムを変えたり、どのコンテンツが収益化可能かを決定したりします。この現状に挑戦し、視聴者の注目を集めるような競争相手は、すぐに獲得され、制御され、将来の消費者オンラインのオプションをで脅かします。

AdBlock技術の大量採用は、視聴者が現在のモデルに不満を抱いていることを示しています。強くて忠実な視聴者を持つクリエイターとサイト運営者は、コンテンツの購読を販売するための新しいプラットフォームを模索しています。広告なしの体験のためお金を払いたいです。

中断変更をせずに、クリエイター、広告主、および現在のプラットフォーム間の優先順位の競合が原因で、底を打っていることを目の当たりにしています。

Verasityはこれをすべて変えます。次世代のビデオ共有プラットフォームは、クリエイターを解放し、視聴者の利便性を高めるために設計されています。

ブロックチェイン技術を使用して、プラットフォームはビデオ視聴者とコンテンツ発行者またはクリエイターとの間の直接的で透明な価値交換を促進します。財団としての収益は、経済内およびプラットフォーム運営コストの範囲内で維持されます。 Verasityは、ユーザーとコンテンツプロバイダーの手に権利を戻し、すべての人により良いエコシステムを作り出します。

Verasityプロトコルは、デジタルエンターテイメントの未来を支えることを目指しています。コンテンツパブリッシャー、クリエイター、広告主は、従来のコンテンツ収益化チャネルの代わりに採用する予定です。 Verasityは急速にデジタルカルテルになっている技術大企業の覇権に挑戦します。

チーム すべてを見る

David Orman
David Orman
CEO
Scott Brown
Scott Brown
Project and Video Network Expert
Chris Morof
Chris Morof
Lead Engineer
Kyrylo Bybyk
Kyrylo Bybyk
Senior Blockchain Developer
Ievgen Iegorochkin
Ievgen Iegorochkin
Blockchain Developer
Dmytro Medianik
Dmytro Medianik
High-load back-end developer & security Engineer

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った