MEDIA Protocol - コンテンツの閲覧、視聴、共有するたびにトークンを獲得

MEDIA Protocolは、出版社、クリエイター、およびコンテンツ消費者が財政的インセンティブを含むコンテンツ、データ、インセンティブを直接交換する多方向の経済を創造するオープンアーキテクチャです。 これにより、ブランドや出版社は、プロトコルの付随するERC20トークンであるMEDIA Protocol Token(MPT)を使用してコンテンツの消費を直接インセンティブを与えることができ、コンテンツの相互作用や生成するプリファレンスデータを消費者に補償することができます。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MPT
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
2,600,000,000
公式サイトへ Owner of MEDIA Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率26%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日、コンテンツ配信は、大規模な視聴者を制御するソーシャルプラットフォームと検索エンジンを通じて非効率的であり、仲介されています。 これらのコンテンツ配信プラットフォームは、コンテンツ消費者から多大な価値のあるエンゲージメントやプリファレンスデータを収集しますが、クリエイターや出版社にはほとんど利益をもたらしません。 MEDIAプロトコルは、相互利益のためにこれらのアクター間で価値の交換を可能にします。 このプロトコルの経済機能は、消費者に直接的に均衡のとれた消費インセンティブを提供し、消費者がゲーテッドコンテンツに直接支払いを行い、有利なコンテンツクリエイターと出版社に報酬を支払うためトークンを費やす、現在のプラットフォームで実行される規模の経済を克服できない、ローカライズされたコミュニティ中心のコンテンツ配信アプリケーションのエコシステムをサポートするように設計されています。

チーム すべてを見る

Thomas Graham
Thomas Graham
Co-founder
Martin Adams
Martin Adams
Co-founder
James Tabor
James Tabor
CEO
Mark White
Mark White
CTO
Josef Sevcik
Josef Sevcik
Blockchain Developer
Katya Volkova
Katya Volkova
Head Data Scientist

人気ICO記事

  • 【10月4週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.19

    10月の2・3週目は新機能を追加しました、今週は主にバグの改善に注力しました。 新しいバージョンを審査提出しましたので、通過すれば2・3週目の開発週報でレポートした新機能をご活用いただけます。 今月中旬にはbitcoinのボラリティ増減の指数が追加される予定です。 ポートフォリオの履歴データが改善されました。 ・dApp認証インターフェースを改善予定。
  • ブロックチェーンアクセレーターRooted Partnersを紹介します!

    日本と韓国を中心に事業展開をしているアクセレーターRooted Partnersが運営している有名YouTubeチャンネルでコイン相場アプリが紹介されました!お陰様で韓国市場でのダウンロード数が大変増加しました!とても効果的な宣伝になり感謝の気持ちでいっぱいです!Rooted Partnersは日本の東京、韓国のソウルで事業展開をしているアクセレーターで、ブロックチェーンプロジェクトのために様々なサービスコンサルティングを提供しています。彼らは市場分析とブロックチェーン技術に焦点を当てたYouTubeチャンネルの運営を通じ、強大な影響力を持つインフルエンサーとして成長してきました。そんな彼らの
  • Betform - オンライン・ギャンブル環境の安全性の向上

    ここ数ヶ月、仮想通貨を利用したゲームの実需が高まっており。さまざまな方法で仮想通貨を利用したゲームが現れています。しかし、この分野の成長が続いているにもかかわらず、それらのゲームのうちごくわずかなものを除き、イーサリアムやビットコインの革新的なシステムを十分に組み込んではいません。イーサリアムやビットコインは純粋な分散型の体験を提供する強力なツールなのです。 たとえ革新的なシステムを適切に組みこめてはいなくとも、イーサリアムやビットコインの技術の柔軟性は、ゲームの面白さの源泉を損なうことなく、それらの技術の要素をシームレスにゲームに組み込むことが可能だということを示しています。以上のような理由