MEDIA Protocol - コンテンツの閲覧、視聴、共有するたびにトークンを獲得

MEDIA Protocolは、出版社、クリエイター、およびコンテンツ消費者が財政的インセンティブを含むコンテンツ、データ、インセンティブを直接交換する多方向の経済を創造するオープンアーキテクチャです。 これにより、ブランドや出版社は、プロトコルの付随するERC20トークンであるMEDIA Protocol Token(MPT)を使用してコンテンツの消費を直接インセンティブを与えることができ、コンテンツの相互作用や生成するプリファレンスデータを消費者に補償することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MPT
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
2,600,000,000
公式サイトへ Owner of MEDIA Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率26%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日、コンテンツ配信は、大規模な視聴者を制御するソーシャルプラットフォームと検索エンジンを通じて非効率的であり、仲介されています。 これらのコンテンツ配信プラットフォームは、コンテンツ消費者から多大な価値のあるエンゲージメントやプリファレンスデータを収集しますが、クリエイターや出版社にはほとんど利益をもたらしません。 MEDIAプロトコルは、相互利益のためにこれらのアクター間で価値の交換を可能にします。 このプロトコルの経済機能は、消費者に直接的に均衡のとれた消費インセンティブを提供し、消費者がゲーテッドコンテンツに直接支払いを行い、有利なコンテンツクリエイターと出版社に報酬を支払うためトークンを費やす、現在のプラットフォームで実行される規模の経済を克服できない、ローカライズされたコミュニティ中心のコンテンツ配信アプリケーションのエコシステムをサポートするように設計されています。

チーム すべてを見る

Thomas Graham
Thomas Graham
Co-founder
Martin Adams
Martin Adams
Co-founder
James Tabor
James Tabor
CEO
Mark White
Mark White
CTO
Josef Sevcik
Josef Sevcik
Blockchain Developer
Katya Volkova
Katya Volkova
Head Data Scientist

人気STO/ICO記事

  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており