MEDIA Protocol - コンテンツの閲覧、視聴、共有するたびにトークンを獲得

MEDIA Protocolは、出版社、クリエイター、およびコンテンツ消費者が財政的インセンティブを含むコンテンツ、データ、インセンティブを直接交換する多方向の経済を創造するオープンアーキテクチャです。 これにより、ブランドや出版社は、プロトコルの付随するERC20トークンであるMEDIA Protocol Token(MPT)を使用してコンテンツの消費を直接インセンティブを与えることができ、コンテンツの相互作用や生成するプリファレンスデータを消費者に補償することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MPT
最高目標
15,000,000 USD
トークン供給数
2,600,000,000
公式サイトへ Owner of MEDIA Protocol?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率26%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

今日、コンテンツ配信は、大規模な視聴者を制御するソーシャルプラットフォームと検索エンジンを通じて非効率的であり、仲介されています。 これらのコンテンツ配信プラットフォームは、コンテンツ消費者から多大な価値のあるエンゲージメントやプリファレンスデータを収集しますが、クリエイターや出版社にはほとんど利益をもたらしません。 MEDIAプロトコルは、相互利益のためにこれらのアクター間で価値の交換を可能にします。 このプロトコルの経済機能は、消費者に直接的に均衡のとれた消費インセンティブを提供し、消費者がゲーテッドコンテンツに直接支払いを行い、有利なコンテンツクリエイターと出版社に報酬を支払うためトークンを費やす、現在のプラットフォームで実行される規模の経済を克服できない、ローカライズされたコミュニティ中心のコンテンツ配信アプリケーションのエコシステムをサポートするように設計されています。

チーム すべてを見る

Thomas Graham
Thomas Graham
Co-founder
Martin Adams
Martin Adams
Co-founder
James Tabor
James Tabor
CEO
Mark White
Mark White
CTO
Josef Sevcik
Josef Sevcik
Blockchain Developer
Katya Volkova
Katya Volkova
Head Data Scientist

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常