BlockState - アクセスできない資産のロック解除

BlockStateは、中小企業の株式や債務、不動産などの銀行以外の資産のためのスイスのセキュリティトークンプラットフォームです。 発行者と投資家を直結するために資産をデジタル化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BKN
開始日時
2019-06-18
終了日時
2019-07-12
最高目標
2,000,000 EUR
初回価格
223.8400 USD
トークン供給数
10,000
公式サイトへ Owner of BlockState?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨EUR, USD, CHF, BTC, ETH
供給率9.1%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BlockStateは、金融市場とブロックチェーン技術の間に技術的および法的な橋渡しをしています。 当社の製品は、暗号および伝統的な金融市場の効率性、透明性およびアクセス可能性を最大化します。 BlockStateは現在、資産管理、負債市場(ローンおよび債券)、デリバティブのための分散元帳テクノロジ(DLT)ベースの商品を専門とする、世界をリードするブロックチェーン投資銀行になるための技術的および法的基盤を構築しています。 BlockStateの製品は、技術的な卓越性、最高の規制遵守、および金融サービスにおける70年以上の経験を体現しています。

チーム すべてを見る

Dr. Martin Schröder
Dr. Martin Schröder
Director of SMBC Nikko Capital Markets
Bernhard Robbel
Bernhard Robbel
Vice President Financial Restructuring Group Houlihan Lokey
Ludwig Schrittenloher
Ludwig Schrittenloher
Financial Institutions DCM & Structuring, frm Credit Suisse
Martin Hobler
Martin Hobler
Serial entrepreneur, investor and executive advisor
Phillipp Schoppmann
Phillipp Schoppmann
Published cryptography expert, Humboldt University
Julian Trautwein
Julian Trautwein
Head of Communications DACH & CEE, Airbnb

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し