BlockState - アクセスできない資産のロック解除

BlockStateは、中小企業の株式や債務、不動産などの銀行以外の資産のためのスイスのセキュリティトークンプラットフォームです。 発行者と投資家を直結するために資産をデジタル化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BKN
開始日時
2019-06-18
終了日時
2019-07-12
最高目標
2,000,000 EUR
初回価格
223.8400 USD
トークン供給数
10,000
公式サイトへ Owner of BlockState?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨EUR, USD, CHF, BTC, ETH
供給率9.1%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BlockStateは、金融市場とブロックチェーン技術の間に技術的および法的な橋渡しをしています。 当社の製品は、暗号および伝統的な金融市場の効率性、透明性およびアクセス可能性を最大化します。 BlockStateは現在、資産管理、負債市場(ローンおよび債券)、デリバティブのための分散元帳テクノロジ(DLT)ベースの商品を専門とする、世界をリードするブロックチェーン投資銀行になるための技術的および法的基盤を構築しています。 BlockStateの製品は、技術的な卓越性、最高の規制遵守、および金融サービスにおける70年以上の経験を体現しています。

チーム すべてを見る

Dr. Martin Schröder
Dr. Martin Schröder
Director of SMBC Nikko Capital Markets
Bernhard Robbel
Bernhard Robbel
Vice President Financial Restructuring Group Houlihan Lokey
Ludwig Schrittenloher
Ludwig Schrittenloher
Financial Institutions DCM & Structuring, frm Credit Suisse
Martin Hobler
Martin Hobler
Serial entrepreneur, investor and executive advisor
Phillipp Schoppmann
Phillipp Schoppmann
Published cryptography expert, Humboldt University
Julian Trautwein
Julian Trautwein
Head of Communications DACH & CEE, Airbnb

人気STO/ICO記事

  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・