BlockState - アクセスできない資産のロック解除

BlockStateは、中小企業の株式や債務、不動産などの銀行以外の資産のためのスイスのセキュリティトークンプラットフォームです。 発行者と投資家を直結するために資産をデジタル化します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BKN
開始日時
2019-06-18
終了日時
2019-07-12
最高目標
2,000,000 EUR
初回価格
223.8400 USD
トークン供給数
10,000
公式サイトへ Owner of BlockState?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨EUR, USD, CHF, BTC, ETH
供給率9.1%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

BlockStateは、金融市場とブロックチェーン技術の間に技術的および法的な橋渡しをしています。 当社の製品は、暗号および伝統的な金融市場の効率性、透明性およびアクセス可能性を最大化します。 BlockStateは現在、資産管理、負債市場(ローンおよび債券)、デリバティブのための分散元帳テクノロジ(DLT)ベースの商品を専門とする、世界をリードするブロックチェーン投資銀行になるための技術的および法的基盤を構築しています。 BlockStateの製品は、技術的な卓越性、最高の規制遵守、および金融サービスにおける70年以上の経験を体現しています。

チーム すべてを見る

Dr. Martin Schröder
Dr. Martin Schröder
Director of SMBC Nikko Capital Markets
Bernhard Robbel
Bernhard Robbel
Vice President Financial Restructuring Group Houlihan Lokey
Ludwig Schrittenloher
Ludwig Schrittenloher
Financial Institutions DCM & Structuring, frm Credit Suisse
Martin Hobler
Martin Hobler
Serial entrepreneur, investor and executive advisor
Phillipp Schoppmann
Phillipp Schoppmann
Published cryptography expert, Humboldt University
Julian Trautwein
Julian Trautwein
Head of Communications DACH & CEE, Airbnb

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • 【簡単】あなたにぴったりの仮想通貨取引所を診断!取引所診断ツールをコイン相場がリリース

    早速試してみたい方はから仮想通貨取引所は、特にここ最近増えて来ました。どの取引所を使えばいいのか、手数料を比較するのも数が多すぎて大変ですよね。面倒だから、今使っている取引所ばっかり使っている人も多いと思いますが、条件等も変わっている中で、本当に自分の投資スタイルに合っているのか自信がありますか?Googleで検索して、色んな記事を読んで比較してもどこが自分にあっているのか、どこがいいのか、さっぱり分からない。。取引所関連の記事はいっぱいあるけれど、アフィリエイト報酬が高い順で並んでいるだけという事も多いですよね。判断に困る、比較するのが手間だという方々のために国内最大の仮想通貨アプリ、コイ
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ