CRWD Network - トークナイズ・エクイティ・オファリング

中小企業、新興企業および不動産プロジェクトのトークン化された株式供与を発行および管理するための分散型ネットワークプロトコル。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
CRWT
開始日時
2018-06-04
終了日時
2018-07-31
最低目標
1,000,000 EUR
最高目標
18,000,000 EUR
初回価格
1 CRWT = 1 EUR
トークン供給数
22,500,000
公式サイトへ Owner of CRWD Network?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, Fiat
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

2013年にCONDAが開始した以来、私たちは代替資金で現在の問題と新たな問題に取り組んできました。

当時、CONDAは中小企業や新興企業の資金調達オプションが不足しているという問題に対処し、CONDAの大規模投資プラットフォーム1.0を作成しました。 2016年には、すぐに使用できるホワイトラベルプラットフォームの必要性が、CONDAのプラットフォームをサービス1.5として取り上げられました。

2017年、代替金融の急速な拡大に伴い、標準化された、専門化された信頼できるプラットフォームの必要性が明らかになりました。同時に、これらのプラットフォームは相互運用可能で国際化される必要があります。CONDAが提示している解決策はCRWDネットワークで、代替金融市場をプロフェッショナルにする。

CRWDネットワークについて    CRWDネットワークは、中小企業、新興企業および不動産プロジェクトのトークン化株式供与を発行および管理するための分散型ネットワークプロトコルです。この技術により、誰も規制要件に準拠して、世界中の企業に安全かつ透明に投資することができます。

CRWDトークンについて

CRWDトークンは、すべてのトランザクションの中核であり、CRWDネットワークへの燃料として機能します。 CRWDトークンはCONDAブロックチェーンでサポートされるネットワークに参加する必要があるため、投資の売買を成功させ、ブロックチェーンがもたらす透明性、セキュリティ、地方分権をすべて維持するためにも必須です。    CRWDネットワーク上:

  • ホワイトラベルのパートナーは、さまざまな通貨や小規模な取引手数料を扱うことなく、インフラストラクチャを使用して、プラットフォーム上の他の国の企業を簡単に紹介し、自動的にCRWDトークンで報酬を受け取ることができます。
  • CRWDトークンを使用したクラウド・インベストメント・キャンペーンのセットアップと実行中に、企業はコンサルティングに費用を支払うことができます。企業は、利益の支払い、投票、メッセージの送信など、投資の維持管理を購入することができます。
  • 投資家は代替投資を移転し、CRWDトークンを使用してプラットフォーム上でアドオンを購入することができます。投資家はキャンペーンを発表する企業に専門家からのフィードバックを与えるなど、プラットフォーム上での活動の報酬としてCRWDトークンを受け取ることになります。

ブロックチェーンベースの決済により、中央権限は必要なくなり、広範なオファーを通じて資金を提供し、資金を調達するためのファイナンスネットワークを構築することができます。

チーム すべてを見る

Juergen Hoebarth
Juergen Hoebarth
Tokenization Adviser & Expert
Daniel Pichler
Daniel Pichler
Cryptoeconomics Researcher
Riat
Riat
Audit & Research Advisor Research Institute for FutureCryptoeconomics
evojam
evojam
Technology Development Partner
Bernhard Blaha
Bernhard Blaha
Co-founder of Herocoin.io & Herosphere.gg, Advisor
Heinz Grünwald
Heinz Grünwald
No-bullshit Digital Marketer, Early Stage Crypto Investor & Advisor

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・