BlockEstate - 不動産ファンドをトークン化

BlockEstateは、従来の民間基金の構造の最高の要素をとり、ブロックチェーン技術と統合しています。 BlockEstate Alpha Fundのトークン化された株式を通じ、米国の不動産市場への国際的な投資家のアクセスを提供しており、投資家は革新的な「バイバック&バーン」プログラムによって報酬を受けます。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
BEAT
開始日時
2018-12-18
終了日時
2019-02-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
50,000,000 USD
初回価格
1.0000 USD
トークン供給数
50,000,000
公式サイトへ Owner of BlockEstate?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームPolymath
タイプST20
参加可能通貨ETH, BTC, Fiat
供給率100%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    BlockEstateは、米国の不動産市場の恩恵を受ける機会を国際投資家に提供するプライベート不動産ファンドです。当社のチームメンバーは、合わせて6億5,000万ドル以上の不動産管理および開発の経験を有し、積極的な投資戦略を計画しています。 BlockEstateは伝統的なファンド構造の最高の要素を取り入れており、ブロックチェーン技術と融合しています。

    BlockEstateの目標は、目標純IRRが12-20%の不動産ポートフォリオを作成することです。これを達成するために、ファンドは2段階戦略を実施します。第1に、ファンドは安定した長期的な所得を生み出す不動産に資本を投資し、年率6 - 9%の安定したキャッシュフローを目標としています。ファンドは、主に以下の不動産タイプに資金を集中します。マルチファミリー住宅、長期商業用不動産;安定した収入源を持つ工業用不動産。

    BlockEstateの計画の次の段階では、安定した資産基盤を活用して、より高い潜在的収益を伴うより積極的な投資に追加の資本を投資することが含まれます。このレバレッジド・キャピタルの焦点は、主に次のとおりです。新築、短期間のレンタル、混合使用プロパティ。これらのプロパティの目標年間収益率は15〜30%になります。

    チーム すべてを見る

    Brad Galbraith
    Brad Galbraith
    Chief Advisor | Market Connections
    Rusty Pulliam
    Rusty Pulliam
    Property Development | Real Estate Acquisition
    Steve Skinner
    Steve Skinner
    Senior Management | Leadership
    Colby Harris
    Colby Harris
    Industry Connections | Real Estate Acquisition
    Brandon Hudson
    Brandon Hudson
    Market Analyst
    Jon Roberts
    Jon Roberts
    Market Research | Real Estate Consultant

    人気ICO記事

    • 「コイン相場」開発週報 Vol.30 - チャット機能を開発しております。

      先週と今週はNews 2.0のリニュアルとチャット機能の開発を進めてまいりました。チャット機能は現在、最終テスト段階でデザインや基本的な機能の開発は済んでおります。ニュース媒体の中で特定の媒体をフォローし、フォローした媒体だけ集めてが見られるようになります。つまり、ニュースアグリゲーションのカスタマイズができます。チャット機能は完全に開発され、テストは最終段階に入りましたデザインの最適化・調整のため、来週リリースされる予定です。ウォッチリストですぐ、チャットの内容が確認できます。お楽しみに!
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

      2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー
    • 今年やり残したことは、コミケに行けば見つかるかもしれない

      かどうかは、分かりませんが、一度はあの熱気を体感してみたいという方は多いのではないでしょうか。コイン相場ユーザーの皆さんにとって今回のコミケが良いきっかけになるかもしれません。一部のサークルにてコイン相場ウォレットで仮想通貨決済ができます。賛同いただきましたサークルの皆様ありがとうございます!参考:参考:▶︎コイン相場ウォレトに対応いただいたサークル様にこちらのPOPを提示いただいています。場所 :西地区ヨ31b対応通貨:BTC場所:東地区ヌ05b対応通貨:BTC , ETH , XEM場所:東地区ハ32a対応通貨:ETH (ERC20) / BTC / BCH / XRP / EOS