SwissRealCoin - 待ちに待ったステーブル仮想通貨トークン

内部価値を持つ安定した仮想通貨トークンで、ボラティリティを減らし、仮想通貨ポートフォリオを多様化できます。 SRCはスイスの不動産市場へのアクセスを容易にし、議決権を提供し、直接不動産投資や従来な不動産ファンドよりはるかに効率的で透明です。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
SRC
最低目標
30,000,000 SRC
最高目標
150,000,000 SRC
初回価格
1 SRC = 1 CHF
トークン供給数
160,500,000
公式サイトへ Owner of SwissRealCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD, EUR
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • ICO Pre-Registration - 25% bonus on pre-reservations

概要

内部価値を持つ安定した暗号トークンで、ボラティリティを減らし、暗号ポートフォリオを多様化できます。 SRCはスイスの不動産市場へのアクセスを容易にし、議決権を提供し、直接不動産投資や従来な不動産ファンドよりはるかに効率的で透明です。スイスの不動産は長年にわたって最も安全で安定した投資の1つです。さらに、ブロックチェーンベースの知的財産(例えば、経営陣&投資アシスタントMIA)を生成することにより、不動産ポートフォリオは常にトークンホルダーに透過的に表示されます。

一方で、SRCは、下側の保護と完全な潜在的な潜在的可能性という意味での安定性を提供します。不動産価格へのリンクのために、SRCは市場価格の下限として機能する内部価値を持ちます。価格がポートフォリオ価値を下回る場合、トークン保有者は清算に投票します。他方、賃貸収入とライセンス供与は、内部価値の着実な成長につながります。市場価値と内的価値があまりにも乖離しないために仕組みが整っています(そうでなければ、より多くのコインが売却され、不動産に投資されます)。

一方、投資家はスイスの商業用不動産にアクセスし、その資産クラスに流動性を追加することができます。トークン所有者は、プラットフォームを使用して、ポートフォリオに取得したプロパティに投票し、利用可能なすべての不動産データを使用して自分自身を教育することができます。

チーム

Brigitte Luginbühl
Brigitte Luginbühl
CEO & Head Real Estate
Yauhen Yakimovich
Yauhen Yakimovich
CTO & Head Blockchain and PropTech
Luca Burlando
Luca Burlando
COO
Sarah Jordi
Sarah Jordi
CMO & Head PR, Communication & Marketing

人気STO/ICO記事

  • 人民元、11年ぶりに1ドル=7元台へ・・ビットコイン急騰に関係か

    ビットコインの相場は8月4日の午後23時30分頃より上昇し始め、8月5日午後12時頃、3週間ぶりの高値を更新した。ビットコインの急騰の理由と考えられるのは中国の通貨である、人民元が5日、1ドル=7元台に下落したことが大きな理由として考えられる。人民元の急落により、資産の退避先としてビットコインや金を買う投資家が急増し、相場に影響を与えていると見られてる。人民元急落の背景としては、トランプ米大統領が中国に対し新たな追加関税を来月から発動する方針を示したことから、中国政府が元安誘導を容認していると予測される。※米輸入品ほぼ全てに制裁関税を広げる「第4弾」を9月に発動する方針を表明している。<ins
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし