Alprockz - 世界もっともステーブルな仮想通貨

ROCKZは、初めての変わりやすい仮想通貨市場に堅実性と信頼性をもたらす新しい仮想通貨です。 他の仮想通貨とは異なり、ROCKZは100%透明かつ法的に強制可能な方法で、世界で最も強く、最も持続可能な通貨であるスイスフランに裏付けられます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
APZ
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-02-28
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
26,250,000
公式サイトへ Owner of Alprockz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ROCKZは暗号圏の主要な欠点、すなわち伝統的な経済における信頼できるアンカーの欠如 - 仮想通貨を保有している間に利益を確保する方法、カウンターパーティー、セキュリティー、市場リスクに対処する方法。

ファンド、保険会社、年金基金などの機関投資家は、従来の投資から相殺されたこの新しい資産クラスに参入しています。しかし、この新しい資産クラスに浸透するためには、参照ポイント、安全な港、予備のコインが必要です。これはROCKZです。

ROCKZ発行会社は、投資家とトレーダーが主要な暗号通貨をROCKZと交換できるようにします。発行されたROCKZごとに、1つのスイスフラン(CHF)がコインホルダーの口座にROCKZ発行会社によって保有されています。定義上、ROCKZは安定しています。

ROCKZ発行会社は、準備金の90%をスイスフラン(リザーブ)で、セキュリティの高いスイスのAlp Bunkers and Vaultsに保管されている紙の形態(紙幣)で保有しています。残りの10%は、スイスフランの短期間の利用を確保するため、様々なスイスの銀行と一緒に保有されています。 ROCKZは堅実で便利です。

準備金は信託委任の下でROCKZ発行会社によって保有され、当社の営業勘定から分離されます。 ROCKZ発行会社が破産の場合でも、ROCKZコインの保有者は依然としてスイスフラン貨物準備金に完全にアクセスすることができます。 ROCKZ保有者は保護されています。

ROCKZ発行会社は、ROCKZがスイスフランの準備により効果的に支援され、クレームが法的に強制可能であることを確実にする厳格で堅牢な法的枠組みを構築しています。 ROCKZは信頼できます。

ROCKZは、暗号の愛好家や投資家のための新しいレベルの採用を先駆けて育成しています。 ROCKZは、コインを最も安定した通貨の1つにペッグすることによって、主要な暗号市場リスクを消去し、取引相手のリスクを最小限に抑えます。他のコインはこのレベルの保護を提供しません。

チーム すべてを見る

Alexey Borichev
Alexey Borichev
FOUNDER
Yassine Ben Hamida
Yassine Ben Hamida
FOUNDER
Gabriel Rossetti
Gabriel Rossetti
CTO
Manuel Banz
Manuel Banz
GOVERNANCE SPECIALIST
Marc Walpoth
Marc Walpoth
LEGAL AND COMPLIANCE
Patrik Griffith
Patrik Griffith
BRANDING AND COMMUNICATION

人気STO/ICO記事

  • 取引所診断ツール11月版アップデートについて(Liquidの手数料変更対応)

    今年の8月30日にリリースしまし「ぴったり仮想通貨取引所診断」が11月を迎えて新しくアップデートされましたのでお知らせします。アップデートの理由はLiquidの取引手数料の政策の変更によるものです。以前、Liquidの取引手数料はすべて無料でしたが現在、0.05%(QASHでの支払い)、0.1%(QASH以外での支払い)などの条件で手数料が変更がありました。頻繁に取引するトレーダーの中でテイカーでの取引を好む方々にはテイカー取引手数料が無料だったLiquidをオススメしていましたが、今回の手数料変更によりテイカー取引の国内最低手数料はGMOコインになりましたので反映させていただきました。また、
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。