Alprockz - 世界もっともステーブルな仮想通貨

ROCKZは、初めての変わりやすい仮想通貨市場に堅実性と信頼性をもたらす新しい仮想通貨です。 他の仮想通貨とは異なり、ROCKZは100%透明かつ法的に強制可能な方法で、世界で最も強く、最も持続可能な通貨であるスイスフランに裏付けられます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
APZ
開始日時
2018-11-01
終了日時
2019-02-28
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
26,250,000
公式サイトへ Owner of Alprockz?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ROCKZは暗号圏の主要な欠点、すなわち伝統的な経済における信頼できるアンカーの欠如 - 仮想通貨を保有している間に利益を確保する方法、カウンターパーティー、セキュリティー、市場リスクに対処する方法。

ファンド、保険会社、年金基金などの機関投資家は、従来の投資から相殺されたこの新しい資産クラスに参入しています。しかし、この新しい資産クラスに浸透するためには、参照ポイント、安全な港、予備のコインが必要です。これはROCKZです。

ROCKZ発行会社は、投資家とトレーダーが主要な暗号通貨をROCKZと交換できるようにします。発行されたROCKZごとに、1つのスイスフラン(CHF)がコインホルダーの口座にROCKZ発行会社によって保有されています。定義上、ROCKZは安定しています。

ROCKZ発行会社は、準備金の90%をスイスフラン(リザーブ)で、セキュリティの高いスイスのAlp Bunkers and Vaultsに保管されている紙の形態(紙幣)で保有しています。残りの10%は、スイスフランの短期間の利用を確保するため、様々なスイスの銀行と一緒に保有されています。 ROCKZは堅実で便利です。

準備金は信託委任の下でROCKZ発行会社によって保有され、当社の営業勘定から分離されます。 ROCKZ発行会社が破産の場合でも、ROCKZコインの保有者は依然としてスイスフラン貨物準備金に完全にアクセスすることができます。 ROCKZ保有者は保護されています。

ROCKZ発行会社は、ROCKZがスイスフランの準備により効果的に支援され、クレームが法的に強制可能であることを確実にする厳格で堅牢な法的枠組みを構築しています。 ROCKZは信頼できます。

ROCKZは、暗号の愛好家や投資家のための新しいレベルの採用を先駆けて育成しています。 ROCKZは、コインを最も安定した通貨の1つにペッグすることによって、主要な暗号市場リスクを消去し、取引相手のリスクを最小限に抑えます。他のコインはこのレベルの保護を提供しません。

チーム すべてを見る

Alexey Borichev
Alexey Borichev
FOUNDER
Yassine Ben Hamida
Yassine Ben Hamida
FOUNDER
Gabriel Rossetti
Gabriel Rossetti
CTO
Manuel Banz
Manuel Banz
GOVERNANCE SPECIALIST
Marc Walpoth
Marc Walpoth
LEGAL AND COMPLIANCE
Patrik Griffith
Patrik Griffith
BRANDING AND COMMUNICATION

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー
  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・