xDai Stable Chain - 史上初の米ドルステーブルブロックチェーン

xDai Chainアプリケーションは、日常のユーザーに高速トランザクションと極めて低いガス料金を提供します。 xDai Stable Chainはイーサリアムと互換性があるため、データと資産をシームレスにイーサリアムメインネットに転送することができ、バックエンドの安全性と無限の拡張機会を提供します。 安定性、速度、セキュリティ、およびスケーラビリティの間のこの相乗効果は、多くのエキサイティングなアプリケーションと新しいユースケースへの扉を開きます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
DPOS
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of xDai Stable Chain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ネイティブのステーブルコイン

ステーブルコインは安心を提供します。予測可能な通貨により、買い手と売り手はボラティリティのリスクなしで価値を交換できます。 xDaiスーテブルチェーンの実装では、Daiと一対一で固定されたステーブルコインであるxDaiを使用してトランザクションが実行されます。トランザクションはブリッジサイドチェーンで発生するため、非常に高速で安価です。

イーサリアムへの架け橋

2つのブリッジがxDai Stable Chainをイーサリアムメインネットに接続し、チェーン間のシームレスな双方向資産転送をサポートします。トークンはメインネットで取得され、トランザクショントークン用のDai-xDaiブリッジまたはステーキングトークン用のDPOSブリッジを使用して、xDaiステーブルチェーンサイドチェーンにブリッジされます。ユーザーが取引またはステーキングを完了すると、トークンをメインネットに簡単にブリッジバックできます。

ウォレット

xDai Stable Chainは、複数のウォレットとサービスによってサポートされています。これらのウォレットのおかげで、保管、購入、スマートコントラクトとのやり取りが簡単です。複数のウォレットは、開発者、消費者、保有者など、さまざまなユーザーグループに対応しています。増え続けるサービスのリストと、無料で入手できるウォレットを以下で確認してください。

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • 【最新版】キャンペーン中の仮想通貨取引所まとめ!口座開設でお得にビットコインをGETしよう!

    [FX口座数国内1位のDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」はトレードサービスが充実!さらにレバレッジ取引の取り扱い数は国内一位!今なら、新規口座開設で1,000円がもらえるキャンペーンを実施中!期間限定のお得なキャンペーン中に口座登録をしよう!✅ レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位 ✅ 上級者も納得! 高機能な取引ツール ✅ 豊富なトレードサービス [[[bitbankは、XRPの取引量が世界有数、MONAの取引高は日本一を誇る取引所です。セキュリティも第三者機関による高い評価を受けるなど、安全面において定評があります。   [[[GMOコインは、
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたので、BTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますので、ひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitME