xDai Stable Chain - 史上初の米ドルステーブルブロックチェーン

xDai Chainアプリケーションは、日常のユーザーに高速トランザクションと極めて低いガス料金を提供します。 xDai Stable Chainはイーサリアムと互換性があるため、データと資産をシームレスにイーサリアムメインネットに転送することができ、バックエンドの安全性と無限の拡張機会を提供します。 安定性、速度、セキュリティ、およびスケーラビリティの間のこの相乗効果は、多くのエキサイティングなアプリケーションと新しいユースケースへの扉を開きます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
DPOS
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of xDai Stable Chain?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

ネイティブのステーブルコイン

ステーブルコインは安心を提供します。予測可能な通貨により、買い手と売り手はボラティリティのリスクなしで価値を交換できます。 xDaiスーテブルチェーンの実装では、Daiと一対一で固定されたステーブルコインであるxDaiを使用してトランザクションが実行されます。トランザクションはブリッジサイドチェーンで発生するため、非常に高速で安価です。

イーサリアムへの架け橋

2つのブリッジがxDai Stable Chainをイーサリアムメインネットに接続し、チェーン間のシームレスな双方向資産転送をサポートします。トークンはメインネットで取得され、トランザクショントークン用のDai-xDaiブリッジまたはステーキングトークン用のDPOSブリッジを使用して、xDaiステーブルチェーンサイドチェーンにブリッジされます。ユーザーが取引またはステーキングを完了すると、トークンをメインネットに簡単にブリッジバックできます。

ウォレット

xDai Stable Chainは、複数のウォレットとサービスによってサポートされています。これらのウォレットのおかげで、保管、購入、スマートコントラクトとのやり取りが簡単です。複数のウォレットは、開発者、消費者、保有者など、さまざまなユーザーグループに対応しています。増え続けるサービスのリストと、無料で入手できるウォレットを以下で確認してください。

人気STO/ICO記事

  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    ビットコイン欲しい!でも、、、原資が・・・という方に朗報です!無料でビットコインを稼げるお小遣いサイトで、を新規発行すると、ビットコインがゲットすることができます。しかも、今なら期間限定のを実施中です!コインポインを経由して、楽天カード新規発行をするだけで、をゲットすることができるんです!さらに!楽天カード自体も、ご新規様限定のポイント還元キャンペーンをおこなっています!楽天カードをまだお持ちでない方、楽天カードが欲しかった!という方は、この機会に、ビットコインとポイントをWドリしませんか?楽天カードを発行するとをGETすることができます。期間:〜〆12/22(日)23時条件:新
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 政府の規制に打ち勝つには?分散型国家を造ろう!

    ブロックチェーン技術は、世界中で多くの人々によって政府認可の中央集権に対する著しい打撃と見られています。ですが、私たちの現在の生活の変える無限の潜在力を持つ故に、政府はそれを脅威と認識しています。各国政府は、仮想通貨を従来の貨幣制度への挑戦と見ているのです。仲介業者を排除することができる仮想通貨は、政府の権力を揺るがしかねない存在となりえます。代表的な例が、インドです。インドの中央銀行であるインド準備銀行は、仮想通貨につながる全ての口座へのするよう全銀行に指示しました。これにより、多数のプロジェクトおよび仮想通貨交換所が閉鎖に至りました。中国は資金調達手段としてのし、また仮想通貨の厳しい規