World of Battles - 革新的なゲームプラットフォーム

World of Battlesプラットフォームは、eSportsのアマチュアとプロフェッショナルのための分散型、独立した、完全に自動化されたプラットフォームです。 イーサリアムのスマートコントラクトやオラクルをもとに開発されたこのゲームは、eスポーツに挑戦して報酬を得る機会を提供するだけでなく、次のような一般的なオンラインゲームの国際eスポーツ標準に従ってトーナメントを開催する機会を提供します。 Hearthstone、Legends of Legends、Dota 2、CounterStrike:GO、そしてStarCraft 2などがあります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WoB
開始日時
2017-10-17
終了日時
2017-11-14
トークン供給数
50,000
公式サイトへ Owner of World of Battles?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First hour - +100%
  • Day 1 - +90%
  • Day 2 - +80%
  • Days 3-7 - +60%
  • Week 2 - +40%
  • Week 3 - +20%
  • Week 4 - No bonus

概要

World of Battlesは、Hearthstone、Legends of Legends、Dota 2、CounterStrike:GO、StarCraft 2などの一般的なオンラインゲームで競争できるように、イーサリアムに基づいて作成されたeSports用の革新的な分散型ゲームプラットフォームです。

革新的な自律

World of Battlesの革新は、競争が金融機関やカジノなどの仲介を独立して実行することを可能にします。 イーサリアムは、ブロックチェーン内のビジネスロジックを自律的に制御するインテリジェントな契約を作成できます。これらのスマートコントラクトは、競争力のあるeSportsマッチの結果や報酬を迅速かつ確実に処理するために使用できます。スキルベースのゲームや抽選ベースのゲームのプラットフォームである既存のプラットフォームとは異なり、World of Battlesの取引はすべて公開され、目に見え、改ざんに強く、制度上の処理のリスクにさらされません。

革新的な分散型

集中化された構造を持つ従来のオンラインプラットフォームは、ハッキング、厳格な財務ルールの対象となるばかりでなく、負担がかかります。ピアツーピア(P2P)の地方分権化により、スキルベースの競争は支払い処理装置に頼らず、運用上の規制負担が軽減され、詐欺や横領といった組織の腐敗から保護されます。

革新的な自動化

各試合結果は、証人および/または審査員による投票(「WJU」)の2つのグループによって自動的にチェックされます。目撃者は、ゲームの結果を確認し報告する自動化されたソフトウェアMULTIWOBを実行するユーザーです。プレーヤーのレポートと証人の小切手に基づいて勝者に支払いが行われます。この100%は不正な報告のリスクを除外しており、その数は操作プラットフォーム上では制御できないほど巨大であります。

チーム すべてを見る

Makoto Takahashi
Makoto Takahashi
Founder, Investor
Hiroki Kimura
Hiroki Kimura
Platform Developer
Kiyoshi Yamada
Kiyoshi Yamada
Business Development Manager
Daisuke Matsumoto
Daisuke Matsumoto
Telecommunications Engineer
Takashi Yamazaki
Takashi Yamazaki
Software Engineer, Research Worker
Haruka Sasaki
Haruka Sasaki
Marketing Manager

人気STO/ICO記事

  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ