World of Battles - 革新的なゲームプラットフォーム

World of Battlesプラットフォームは、eSportsのアマチュアとプロフェッショナルのための分散型、独立した、完全に自動化されたプラットフォームです。 イーサリアムのスマートコントラクトやオラクルをもとに開発されたこのゲームは、eスポーツに挑戦して報酬を得る機会を提供するだけでなく、次のような一般的なオンラインゲームの国際eスポーツ標準に従ってトーナメントを開催する機会を提供します。 Hearthstone、Legends of Legends、Dota 2、CounterStrike:GO、そしてStarCraft 2などがあります。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WoB
開始日時
2017-10-17
終了日時
2017-11-14
トークン供給数
50,000
公式サイトへ Owner of World of Battles?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • First hour - +100%
  • Day 1 - +90%
  • Day 2 - +80%
  • Days 3-7 - +60%
  • Week 2 - +40%
  • Week 3 - +20%
  • Week 4 - No bonus

概要

World of Battlesは、Hearthstone、Legends of Legends、Dota 2、CounterStrike:GO、StarCraft 2などの一般的なオンラインゲームで競争できるように、イーサリアムに基づいて作成されたeSports用の革新的な分散型ゲームプラットフォームです。

革新的な自律

World of Battlesの革新は、競争が金融機関やカジノなどの仲介を独立して実行することを可能にします。 イーサリアムは、ブロックチェーン内のビジネスロジックを自律的に制御するインテリジェントな契約を作成できます。これらのスマートコントラクトは、競争力のあるeSportsマッチの結果や報酬を迅速かつ確実に処理するために使用できます。スキルベースのゲームや抽選ベースのゲームのプラットフォームである既存のプラットフォームとは異なり、World of Battlesの取引はすべて公開され、目に見え、改ざんに強く、制度上の処理のリスクにさらされません。

革新的な分散型

集中化された構造を持つ従来のオンラインプラットフォームは、ハッキング、厳格な財務ルールの対象となるばかりでなく、負担がかかります。ピアツーピア(P2P)の地方分権化により、スキルベースの競争は支払い処理装置に頼らず、運用上の規制負担が軽減され、詐欺や横領といった組織の腐敗から保護されます。

革新的な自動化

各試合結果は、証人および/または審査員による投票(「WJU」)の2つのグループによって自動的にチェックされます。目撃者は、ゲームの結果を確認し報告する自動化されたソフトウェアMULTIWOBを実行するユーザーです。プレーヤーのレポートと証人の小切手に基づいて勝者に支払いが行われます。この100%は不正な報告のリスクを除外しており、その数は操作プラットフォーム上では制御できないほど巨大であります。

チーム すべてを見る

Makoto Takahashi
Makoto Takahashi
Founder, Investor
Hiroki Kimura
Hiroki Kimura
Platform Developer
Kiyoshi Yamada
Kiyoshi Yamada
Business Development Manager
Daisuke Matsumoto
Daisuke Matsumoto
Telecommunications Engineer
Takashi Yamazaki
Takashi Yamazaki
Software Engineer, Research Worker
Haruka Sasaki
Haruka Sasaki
Marketing Manager

仮想通貨で仕事しよう!

COINJINJAではオフィシャルライターを募集しています。

お仕事内容:

  • 仮想通貨に関する/ICOに関する記事の執筆
  • 元情報が英語である事が多いので英語が読み書き出来る事が望ましいです
  • 報酬は仮想通貨で支給します

まずはご連絡下さい!

人気ICO記事

  • 「仮想通貨×投資家:億り人とか言われるけど、ただの駆け出しの投資家ですよ」(Crypto Stories vol.4)

    今回は、世間的にはいわゆる「億り人」と呼ばれる仮想通貨ブロガーのseiyaさんとかきぴーさんと対談形式でのインタビューを実施しました。幾つか印象的だった事があって、確かに彼らはサラリーマン生活から離脱して、いわゆるニートのような生活を始めています。が、話の中では特に豪遊している様子も無く、「投資家としてやっとスタート地点に立った」「上位のブロガーと比べると継続的に成果を出せるわけでは無い」など、非常に現実的な目線が印象的でした。また、「たまたま仮想通貨で当たっただけ」と本人達は言っていますが、かきぴーさんは2015年の末から仮想通貨投資を始めていますし、seiyaさんも参入は2017年5月だけ
  • オンラインサロン「コイン相場Club」 1期生募集!

    書類審査、面談をさせていただいた上、指名させていただきます。コイン相場は仮想通貨取引に関わる主要な機能(相場チャート、ニュースキュレーション、ポートフォリオ管理、税金計算、ICO検索、ウィジェット機能など)を網羅した、オールインワンアプリです。DL数におきまして、仮想通貨関連のアプリでは2位、仮想通貨取引所の公式アプリを除く仮想通貨ツールアプリでは1位となっています。「1万人超えの仮想通貨フェスをやろう!」「仮想通貨Vtuberを創ろう!」「トークンエコノミーの原型が見える地方都市ツアーにいこう!」など、既にいくつかの企画が上がって来ていますコイン相場は株式会社COINJINJAが運営元です。
  • 【韓国レポ】DeepbrainchainのMeet upに参加しました

    この度、韓国のソウルでEther Lab主催のDeepbrainChainの1st Meet upに参加しましたのでその時の情報を共有いたします。世界的に第4次産業革命の核心はブロックチェーンと人口知能であると認識されています。これらの分野はまだまだ、初期産業であるためその分、開発への費用、投資、努力が必要です。しかし、投資、努力はまだ微々たるものであるのが現実です。この現実を打破するため、世界初のブロックチェーン技術を活用し、低費用で分散型のAIプラットフォームを開発しているのDBC (DeepbrainChain)です。約300名ほど参加した今回のMEET UPで一番、記憶に残っているのは