Diagon - eスポーツの未来

Diagonは分散型eSportsエコシステムであり、世界中の人々が専門知識とコンテストをテストし、Destiny 2、League of Legends、Dota 2、Fortniteなどの著名なオンラインベースのゲームの1v1まだはグループ対グループマッチをテストできるようにします。 ユーザーエンゲージメントのためのDiabet、Diastream、Diaconnectなどの興味深い機能を備えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
DGN
開始日時
2019-09-16
終了日時
2020-02-24
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Diagon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率52.5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Diagonは、アフリカ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアを通過するイーサリアムブロックチェーン上にエコシステムを構築しているため、eSportsが受け入れられる環境を構築し、Diagonのイノベーションにより、スキルに基づく競争を仲介人(たとえば金融機関またはカジノ)とは無関係に行うことができます。暗号通貨イーサリアムは、イーサリアムブロックチェーンでビジネスロジックを自律的に実行するスマートコントラクトの作成を可能にします。これらのスマートコントラクトは、競争力のあるeSportsマッチプレイの結果と報酬の高速で安全かつ信頼性の高い処理に使用できます。既存のプラットフォーム(スキルと偶然の両方に基づいている)とは異なり、Diagonのトランザクションはすべて、公に検証可能、表示可能、偽造に耐性があり、機関の処理のリスクにさらされません。    市場の地位を活用して事実上の暗号通貨を導入し、エコシステム全体を強化し、ブロックチェーンプロトコルを利用してeSportsの関与と浸透を高める明確なビジョンと明確な計画を持っています。    プレイヤーの報告と立会人のチェックに基づいて、賞金が勝者に与えられます。これにより、同様のプラットフォームで横行する不正なレポートのリスクが大幅に削減されます。

チーム すべてを見る

Jerry Onoja
Jerry Onoja
Founder & CTO
Jaypee Perdido
Jaypee Perdido
Chief Marketing Officer
James Momoh
James Momoh
Co-Founder & COO
Dimitriy Kharchenko
Dimitriy Kharchenko
eSports Strategist
Victoria Krutikova
Victoria Krutikova
Community Manager
A R Rana
A R Rana
Head of Customer

人気STO/ICO記事

  • Yahoo!出資の仮想通貨取引所TAOTAOとは?メリット・特徴

    ✅【お得】手数料がすべて無料取引手数料、円の入出金手数料・仮想通貨の入出金手数料を始め、2019年8月28日(水)からは手数料がすべて無料になるキャンペーンが開催され、レバレッジ取引を取り扱う取引所では必ず発生する建玉管理料まで無料!✅【お得】スプレッドが業界最小レベル買値と売値に出来る差額をスプレッドといいます。スプレッドは見えない手数料とも言われており、スプレッドが狭ければ狭いほど損をしない取引ができます。TAOTAOはスプレッドが業界最小レベルなので他販売所よりお得です。✅【安心】Yahoo!のグループ会社が出資TAOTAO取引所にはヤフーの子会社が出資しており、万が一ハッキングなどの大
  • EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

    産業廃棄物の管理は世界中で重要な問題となっており、「不要になった製品の処理をどのように行うか」については現在も様々な議論が行われています。この記事では、ブロックチェーン技術や仮想通貨を活用して「廃タイヤ」を「環境に優しいクリーンな再生可能エネルギー」へと変換する、次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー「EMJAC(EMJ)」を紹介します。世界は増え続けるゴミの山に埋もれており、それらのゴミは人間と動物の両方に「健康面・環境面」で多くの危険をもたらしています。廃棄物の蓄積が進むにつれて、町や都市は"ゴミ捨て場"へと変わってきており、毎年20億個以上のタイヤが生産されていますが、その中でリ
  • LINEの子会社が運営するBITMAX取引所が本日から運営スタート

    2019年9月6日に金融庁から正式に、認可を受けたLINEのBITMAX取引所が本日(17日)の15時から運営をスタートした。「BITMAX」は、国内で 月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、ビットコイン(BTC)、 イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱う。出金は「LINE Pay」から可能となり、LINEユーザーにとってはハードルが低く、アクセスしやすい。BITMAXは販売所形式の取引所で、現在スマホで利用できる。(Androidのみ)<ins>