Diagon - eスポーツの未来

Diagonは分散型eSportsエコシステムであり、世界中の人々が専門知識とコンテストをテストし、Destiny 2、League of Legends、Dota 2、Fortniteなどの著名なオンラインベースのゲームの1v1まだはグループ対グループマッチをテストできるようにします。 ユーザーエンゲージメントのためのDiabet、Diastream、Diaconnectなどの興味深い機能を備えています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
DGN
開始日時
2019-09-16
終了日時
2020-02-24
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
0.2000 USD
トークン供給数
150,000,000
公式サイトへ Owner of Diagon?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率52.5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Diagonは、アフリカ、アジア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアを通過するイーサリアムブロックチェーン上にエコシステムを構築しているため、eSportsが受け入れられる環境を構築し、Diagonのイノベーションにより、スキルに基づく競争を仲介人(たとえば金融機関またはカジノ)とは無関係に行うことができます。暗号通貨イーサリアムは、イーサリアムブロックチェーンでビジネスロジックを自律的に実行するスマートコントラクトの作成を可能にします。これらのスマートコントラクトは、競争力のあるeSportsマッチプレイの結果と報酬の高速で安全かつ信頼性の高い処理に使用できます。既存のプラットフォーム(スキルと偶然の両方に基づいている)とは異なり、Diagonのトランザクションはすべて、公に検証可能、表示可能、偽造に耐性があり、機関の処理のリスクにさらされません。    市場の地位を活用して事実上の暗号通貨を導入し、エコシステム全体を強化し、ブロックチェーンプロトコルを利用してeSportsの関与と浸透を高める明確なビジョンと明確な計画を持っています。    プレイヤーの報告と立会人のチェックに基づいて、賞金が勝者に与えられます。これにより、同様のプラットフォームで横行する不正なレポートのリスクが大幅に削減されます。

チーム すべてを見る

Jerry Onoja
Jerry Onoja
Founder & CTO
Jaypee Perdido
Jaypee Perdido
Chief Marketing Officer
James Momoh
James Momoh
Co-Founder & COO
Dimitriy Kharchenko
Dimitriy Kharchenko
eSports Strategist
Victoria Krutikova
Victoria Krutikova
Community Manager
A R Rana
A R Rana
Head of Customer

人気STO/ICO記事

  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格
  • 国内取引所 FX・レバレッジ 取引ツールランキング

    DMM Bitcoinは、レバレッジ取引の取り扱い銘柄数1位、上級者も納得の高機能な取引ツール提供しているなど、レバレッジ取引にうってつけの仮想通貨取引所です。★★★★★ レバレッジ対応通貨:7種類(BTC、ETH、XEM、XRP、LTC、ETC、BCH)★★★★★ 通貨ペア:14種類(BTC、JPY)★★★☆☆ レバレッジ手数料 : 0.04%/日 ★★★★☆ アプリ取引ツール : ロウソク足・テクニカル表示あり★★★★☆ レバレッジ対応通貨 :BTC、QASH、ETH、XRP★★★★☆ 通貨ペア:12種類(BTC、ETH、JPY)★★★★☆ レバレッジ手数料 : 0.025%/日
  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ